足柄版 掲載号:2018年2月17日号 エリアトップへ

杜氏として新たな酒造りに挑む 湯浅 俊作さん 大井町上大井在住 29歳

掲載号:2018年2月17日号

  • LINE
  • hatena

丁寧に、大切に醸す

 ○…寛政元年創業の井上酒造(大井町上大井)の杜氏として酒造りを取り仕切る。寒仕込みの間だけではなく、年間を通じて酒蔵を管理している。そのため「夏場の品質管理ができる」ことが強みになる。井上酒造に来て2年、相和地区の高尾で収穫した酒米と、蔵の井戸水を使い、大井町産の純米酒「夢高尾」を完成させた。「地元の水、酒米、酒蔵が揃ったストーリー性のあるお酒。お客様に伝わるよう、米や水の特徴を引き出すことを意識した」

 ○…静岡県浜松市出身。両親は共働きで「自分で料理する機会が多かった」という。父方の実家は300年以上続く愛知県の「森山酒造」で繁忙期の冬には手伝いにも行った。毎年やってくる越後流の杜氏は年配で「おじいちゃんが2人いるようだった」。食品関係の仕事に興味を持ち、新潟の大学に進学。農学部で麹を学んだ。大学を卒業してすぐに身内の「森山酒造」で酒造りに携わるようになった。「手伝っていたときとは大違い。酒造りは面白いけれど難いと痛感した」

 ○…ほどなく、静岡県にある能登流の酒蔵の門を叩き、酒造りの学びを深めるようになった。2016年に杜氏となった。目標は「何でもできる杜氏」。「お客様にいつでも安定した品質の酒を届けたい」という。修業中に受け継いだ感覚とデータを総合的にみて設計図を描き、酒を造る。そうしたなか昨年は、水の特徴を生かして江戸時代に主流だった「生酛(きもと)造り」での醸造にも挑戦した。

 ○…趣味は食べ歩き。携帯電話で飲食店のチェックは欠かさない。「食事中でも『このお酒が合うな』と思ってしまう。職業病かな」。県内の酒蔵とも交流があり、酌み交わすことも楽しみのひとつ。大井町に来るときに結婚した奥さんは今も県外に住む。2年が経ち、この4月にもこちらへ呼び寄せるという。奥さんも食べることが好きで「一緒に食べ歩きがしたい」と、その日を心待ちにしている。
 

足柄版の人物風土記最新6

山本 茂富さん

画家兼バッジ製作者として活動する

山本 茂富さん

二宮町在住 62歳

6月19日号

児玉 洋一さん

神奈川県町村議会議長会の会長に就任した

児玉 洋一さん

山北町在住 47歳

6月12日号

葛西 宣則(かっさい よしのり)さん

自衛隊の経験を生かし、開成町防災安全専門員として励む

葛西 宣則(かっさい よしのり)さん

開成町在住 61歳

6月5日号

佐藤 静さん

「minaka dayマルシェ」の実行委員として中心的な役割を務める

佐藤 静さん

山北町在住 39歳

5月29日号

湯川 仁士(まさし)さん

パステル画と詩で自然の姿を表現する

湯川 仁士(まさし)さん

山北町在住 68歳

5月22日号

阿部 玲子さん

保護司として長年更生活動に努め、このほど藍綬褒章を受章した

阿部 玲子さん

開成町在住 75歳

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter