足柄版 掲載号:2018年2月17日号 エリアトップへ

杜氏として新たな酒造りに挑む 湯浅 俊作さん 大井町上大井在住 29歳

掲載号:2018年2月17日号

  • LINE
  • hatena

丁寧に、大切に醸す

 ○…寛政元年創業の井上酒造(大井町上大井)の杜氏として酒造りを取り仕切る。寒仕込みの間だけではなく、年間を通じて酒蔵を管理している。そのため「夏場の品質管理ができる」ことが強みになる。井上酒造に来て2年、相和地区の高尾で収穫した酒米と、蔵の井戸水を使い、大井町産の純米酒「夢高尾」を完成させた。「地元の水、酒米、酒蔵が揃ったストーリー性のあるお酒。お客様に伝わるよう、米や水の特徴を引き出すことを意識した」

 ○…静岡県浜松市出身。両親は共働きで「自分で料理する機会が多かった」という。父方の実家は300年以上続く愛知県の「森山酒造」で繁忙期の冬には手伝いにも行った。毎年やってくる越後流の杜氏は年配で「おじいちゃんが2人いるようだった」。食品関係の仕事に興味を持ち、新潟の大学に進学。農学部で麹を学んだ。大学を卒業してすぐに身内の「森山酒造」で酒造りに携わるようになった。「手伝っていたときとは大違い。酒造りは面白いけれど難いと痛感した」

 ○…ほどなく、静岡県にある能登流の酒蔵の門を叩き、酒造りの学びを深めるようになった。2016年に杜氏となった。目標は「何でもできる杜氏」。「お客様にいつでも安定した品質の酒を届けたい」という。修業中に受け継いだ感覚とデータを総合的にみて設計図を描き、酒を造る。そうしたなか昨年は、水の特徴を生かして江戸時代に主流だった「生酛(きもと)造り」での醸造にも挑戦した。

 ○…趣味は食べ歩き。携帯電話で飲食店のチェックは欠かさない。「食事中でも『このお酒が合うな』と思ってしまう。職業病かな」。県内の酒蔵とも交流があり、酌み交わすことも楽しみのひとつ。大井町に来るときに結婚した奥さんは今も県外に住む。2年が経ち、この4月にもこちらへ呼び寄せるという。奥さんも食べることが好きで「一緒に食べ歩きがしたい」と、その日を心待ちにしている。
 

足柄版の人物風土記最新6

瀧本 正一さん

南足柄市消防団の団長に就任した

瀧本 正一さん

南足柄市塚原在住 60歳

5月21日号

山室 徹さん

松田町自然館の館長に就任した

山室 徹さん

小田原市在住 73歳

5月14日号

浜田 俊之さん

山北町立山北診療所長兼医師を務める

浜田 俊之さん

山北町在住 61歳

5月7日号

矢藤 慎一さん

立花学園高等学校の学校長に就任した

矢藤 慎一さん

南足柄市在住 55歳

4月30日号

荒井 範郎さん

4月1日付で神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

荒井 範郎さん

横浜市在住 58歳

4月23日号

根本 秀嗣さん

NPO法人仂(ろく)の代表理事

根本 秀嗣さん

松田町寄在住 47歳

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook