足柄版 掲載号:2018年2月24日号 エリアトップへ

日本リトルシニア全国選抜野球大会に導いた 津川 真人さん 南足柄市壗下(まました)在住 43歳

掲載号:2018年2月24日号

  • LINE
  • hatena

思い繋ぎ目指す夢

 ○…監督として初めて臨む全国の舞台。3月25日に大阪府で開幕する「日本リトルシニア全国選抜野球大会」に導いた。「他県のチームと試合ができることは私たちにとって財産になる。わくわくしています」と胸を高鳴らせる。

 ○…幼稚園の時からボールを握っていた少年は、小学2年の時に友人に誘われて硬式野球チーム小田原足柄リトルシニアに入団した。近年こそ甲子園球児も輩出する強豪だが、当時は「小田原足柄とやれば勝てると周りからバカにされた」という弱小チーム。だが「たくさんの人に大事にしてもらった」と熱心な監督、コーチの背中を見て育ち、少年時代に抱いた夢はプロ野球選手ではなく「育ててもらったチームの指導者になること」。だが、中学3年で卒団と同時に部員不足で休部に。「帰る場所がなくなった」とショックを受けたが、3年後に「復活」の朗報が舞い込む。「うれしかった。ようやく恩返しができる」。相洋高野球部で充実した日々を過ごせたのもリトルシニアの7年間があったからこそ。野球部を引退後、コーチとして後輩を指導するようになってから今年で26年が経つ。

 ○…平日はサラリーマン、休日となればユニフォームに袖を通し練習、試合の日々。「妻の理解があるから続けられる。本当に感謝している。『今日はどうだった。勝った、負けた』っていつも応援してくれている」と照れ笑い。「庭の芝いじりと時々、出かける日帰り温泉」が野球漬けの日々から解放される瞬間だ。

 ○…23年指揮した前任の古舘哲志監督の下、12年前からは助監督としてチームに携わり、一昨年の8月から前任の勇退を機に監督を託された。「先代のものをつないでいくだけ。この地域で打って、投げて、走って、いい汗をかいて。将来立派な青年を育てたい」。自身が率いるチームでは初の全国出場を自信に、その先に広がる無限大の夢へとつなげていく。

足柄版の人物風土記最新6

阿部 玲子さん

保護司として長年更生活動に努め、このほど藍綬褒章を受章した

阿部 玲子さん

開成町在住 75歳

5月15日号

久富 みちよさん

交流イベント「花いっぱいカフェ」を初開催した

久富 みちよさん

南足柄市在住 67歳

5月8日号

舟橋 ゆみ子さん

わらべ歌を通じ、遊ぶことの楽しさやコミュニケーションの取り方を伝える

舟橋 ゆみ子さん

開成町在住 60歳

5月1日号

三浦 圭子さん

開成町つくしの会の会長を務める

三浦 圭子さん

開成町在住 65歳

4月24日号

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月17日号

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

4月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter