足柄版 掲載号:2018年2月24日号 エリアトップへ

中学野球 全国へ、地元選手が活躍 小田原足柄リトルシニア

スポーツ

掲載号:2018年2月24日号

  • LINE
  • hatena
小田原足柄リトルシニアのメンバー =久野グラウンド
小田原足柄リトルシニアのメンバー =久野グラウンド

 大阪市内の野球場で3月25日から始まる中学硬式野球「第24回日本リトルシニア全国選抜野球大会」に、小田原市久野の「小田原足柄リトルシニア」(津川真人監督)が出場する。春の選抜大会出場は2年ぶり。

 小田原足柄シニア(以下、小田足)は関東連盟(5支部207チーム)に所属している。昨年秋に各支部大会を勝ち抜いた48チームで関東連盟秋季大会が行われ、16強入りしたため春の全国大会出場が決まった。

 新3年生が15人いる選手のうち、南足柄市からは杉本康輔(南足柄中=南足柄ゴールドベアーズ)、近藤直弥(同=関本ヤングラス)、福井夢叶(同=二宮大磯リトル)、串田大和(足柄台中=和田河原ユニオン)、和田力也(岡本中=二宮大磯リトル)、開成町からは湯川蓮(文命中=開成イーグルス)が所属する。

 主将を務める杉本康輔は「全国大会を目標にしてきた。チャレンジャーとして大会に臨みたい」と25日からの全国大会に向けて練習を重ねている。

 昨年は2年生が主力で3年生大会に挑み公式戦で2勝をあげた。「その経験もあり秋の新チームから粘り強さが出てきた」と話す津川監督=人物風土記は、2年前に関東ベスト4で挑んだ春の全国大会で初戦敗退に終わった苦い経験がある。

 今大会は「初戦突破」を目標に冬場の走り込みや基本動作、1日1千スイングを徹底し3月26日の1回戦、和歌山戦に挑む。

 小田原足柄リトルシニアでは新年度の選手を募集している。問い合わせは事務局長の桜井さん【携帯電話】090・3535・3609へ。

足柄版のローカルニュース最新6

避難所として施設利用

避難所として施設利用 社会

開成町と県西福祉会が協定

9月18日号

新校舎完成まで約5カ月

新校舎完成まで約5カ月 社会

松田で安全祈願

9月11日号

明大マンドリン演奏会が中止

南足柄のジビエ味わう

南足柄のジビエ味わう 社会

「おんりーゆー」

9月11日号

手作りかかしが勢ぞろい

手作りかかしが勢ぞろい 社会

ゆめの里で19日に催し

9月4日号

「マルちゃん」とコラボ商品

小田原タンメン総本店 読プレ

「マルちゃん」とコラボ商品 社会

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook