足柄版 掲載号:2018年3月3日号 エリアトップへ

福沢神社の総代代表を務める 山口 冨美男さん 南足柄市班目在住 82歳

掲載号:2018年3月3日号

  • LINE
  • hatena

「健康な体ありがとう」

 ○…南足柄の班目、怒田、竹松一帯に6人いる福沢神社の総代代表を務め、4月で3年目を迎える。神社には、江戸幕府の第8代将軍、徳川吉宗の命を受けて酒匂川に「文命堤」を整備した田中丘隅建立の「文命東堤碑」がある。落成後に丘隅の手で地元に下賜されたとみられる「のぼり旗」が見つかった。「研究家の方が色々と調べてくれて重大さを実感している。勉強になり有り難い限りです」と大きく何度もうなずいた。

 ○…南足柄市班目の菓子店の次男に生まれた。子どもの頃の思い出はフォード製のトラック。商店から運送業に転じた父が乗っていた大型トラックで、戦前の当時は「県西地域随一」の代物で、それが自慢でもあった。その父が早世したため兄が家業を継ぎ、兄の後を追い高校卒業後に免許を取り65歳までドライバーを続け、82歳の今も配車を担う。「今も現役です。あんまり給料を取ると年金が減っちゃうから大変ですよ」と目尻にシワを寄せた。

 ○…1936(昭和11)年生まれ。福沢小学校から文命中を経て旧吉田島農林高校に進んだ。子どもの頃は兄の後を追いかけ「水鉄砲に弓矢、ヤツデの実を鉄砲玉にして遊んだ」。福沢神社の近くにあった工場に勤めていた、気仙沼出身の奥さんと出会い家庭を築いた。一女一男に恵まれ、現在はそれぞれ近居で孫が6人いる。「年の割には小さい孫がいるから大変ですが、本当に幸せですよ」

 ○…「健康な体をもらった」「総代代表になれたお陰で勉強できた」「周りの人にも恵まれている」と感謝の言葉が尽きない。酒も煙草もやるが病気は何もない。昔は「晩酌に一升」が日課だったが今は「覚めがいい」焼酎にしている。今年の例大祭(5月5日)では戦後初めて「文命のぼり旗」を神社に掲げる。その時のあいさつに勉強の成果を盛り込み「子や孫にきちんと伝えていきたい」と意気込む。奥さんと息子夫婦、3人の孫の7人家族。

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の人物風土記最新6

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

江島 紘(ひろし)さん

足柄地域の多くの市町も参加する小田原市ラグビー・オリパラ活性化委員会の会長を務める

江島 紘(ひろし)さん

小田原市城山在住 76歳

9月28日号

飯田 勝宏さん

松田山にコキアの里を開園する

飯田 勝宏さん

松田町松田惣領在住 74歳

9月21日号

坪井 浩司さん

松田町と連携してフィットネスジム運営をスタートする

坪井 浩司さん

大井町金手在住 31歳

9月14日号

荒井 俊明さん

公益社団法人小田原薬剤師会の会長に就任した

荒井 俊明さん

小田原市鴨宮在住 54歳

9月7日号

笠間 真二さん

高校野球の審判員を21年間務めた

笠間 真二さん

南足柄市中沼在住 60歳

8月31日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「郷土のいだてん」足跡を展示

「郷土のいだてん」足跡を展示

12日から 松田町民センター

10月12日~10月18日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク