足柄版 掲載号:2018年3月10日号 エリアトップへ

松田山ハーブガーデンに13年間勤務した 田代 博美さん 松田町松田庶子在住 45歳

掲載号:2018年3月10日号

  • LINE
  • hatena

「いつかまた、ここで」

 ○…早咲きの桜が散り始めた今月7日、花見客で賑わうなかで迎えてくれた。「今日は何の取材ですか?」とおどけ、ハーブ館3階のレストランに案内してくれた。すると、普段より小さな声で「今年が13回目の桜まつり。これで最後です」と切り出した。ハーブガーデンは今年4月、西武造園グループによる指定管理者から松田町役場による直営に切り替わる。それに合わせて、苦渋の決断でここを去ることにした。

 ○…息子が小4の頃、「介護の息抜きに」と桜の頃にアルバイトを始めた。ハーブ館3階のレストランが最初の職場だった。ほどなくパート勤務となり、歴代運営者の元で仕事を続けてきた。4年前に管理会社の準社員、3年前には正社員の副園長に抜擢され「40歳を過ぎて正社員になれた」。「ここに残りたいけど、仕事を見てくれて、認めてくれて正社員にしてくれたこの会社は辞められない」と、苦しい胸の内をほんの少しだけ、打ち明けてくれた。

 ○…1972年、松田町生まれ。両親と弟の4人家族で育った。旧湯河原高校を卒業して歯科助手になり、保険会社に勤めていた23歳で結婚。息子を授かった。その息子が二十歳で結婚し3歳になる女の子の孫に恵まれた。「静岡にいる弟は子ども4人全員が男。私のところも息子だから両親が喜んだ。すごく可愛がってくれる」。子どもも孫も、「私が大好きな」ハーブガーデンに連れてきた。

 ○…1月のクリスマスローズ、2月の菜の花、春の桜に5月のラベンダー、10月のセージ、12月のイルミネーション。なかでもラベンダーの季節は心が躍り、その香りに包まれての草むしりに「心癒された」。ハーブを刈り、土を休ませる真夏には自宅を大掃除するのが恒例で「大汗をかいてシャワーを浴びてのビールは最高!」と笑う。4月からの勤務先はほどなく決まる。「しばらく修業してくる。いつかきっと戻ってきたい」という。

足柄版の人物風土記最新6

久富 みちよさん

交流イベント「花いっぱいカフェ」を初開催した

久富 みちよさん

南足柄市在住 67歳

5月8日号

舟橋 ゆみ子さん

わらべ歌を通じ、遊ぶことの楽しさやコミュニケーションの取り方を伝える

舟橋 ゆみ子さん

開成町在住 60歳

5月1日号

三浦 圭子さん

開成町つくしの会の会長を務める

三浦 圭子さん

開成町在住 65歳

4月24日号

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月17日号

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

4月10日号

菊池 あかねさん

開成町と移送に関する協定を結んだ「福祉タクシー千+α」の代表

菊池 あかねさん

開成町在住 50歳

4月3日号

あっとほーむデスク

  • 5月8日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter