足柄版 掲載号:2018年3月24日号 エリアトップへ

山北町定住協力隊の隊長として町のPRに取り組んできた 山口 利一さん 山北町玄倉在住 67歳

掲載号:2018年3月24日号

  • LINE
  • hatena

目尻に笑いジワの年輪

 ○…左右の目じりに深い笑いジワがある。一日に何度も笑っていないと刻まれないほどのシワ。「人生は楽しく。やっぱり楽しいほうがいい。自分たちが楽しくなければ移住してもらえない」。山北町が力を入れて進める定住対策に、なくてはならない「定住協力隊」のメンバーとして8年間、町のために貢献してきた。この3月で隊長を退き、活動に終止符を打つ。「活動よりも、終わった後の一杯が楽しかったな」と笑う。

 ○…山北町の三保地区にある特定郵便局の元局長。祖父が昭和の初めに開設した郵便局で26年間勤務し、65歳で退職した。祖父も父も局長在職中に急逝している。父に至っては49歳の早世。当時は弱冠18歳で、告別式の当日が大学入試だった。「当然ながら落ちた」といいながらも、合格した大東文化大学に進学。4年間「遊んだ」という。小中と三保で過ごし、高校は山北高校。大学までは生まれ育った玄倉で暮らした。

 ○…1951年生まれ。大学卒業後に小田原郵便局に就職し、茅ヶ崎へ赴任。当時の上司と「けんかして」地域の特定局を経て、祖父と父が局長を務めたふるさと三保へ戻った。「思ったことは主張して引かない。喧嘩っ早くてじっとしていられない」と自己分析する。スキーにゴルフ、ロッククライミングにソフトボールとスポーツは観るよりも「やるほうが好き」。飲み歩きが好きで、迎えは奥さんに任せている。「退職金から一生分の送迎代を渡してある」とか。

 ○…山北町は2010年から定住移住対策に力を入れてきた。その当初から行政と二人三脚で活動し、「楽しくやってきた。楽しく活動することが何よりのPRになる」と、各地に出張した。この3月に東京で暮らしていた長男家族が松田町へUターンしてきた。長女と次男にも子どもがいて孫は5人。「男ばっかり5人だけど上出来だね」と、また笑った。山北町玄倉で愛妻と二人で暮らしている。

足柄版の人物風土記最新6

吉川 伸治さん

小田原高校創立120周年記念事業実行委員会の委員長を務める

吉川 伸治さん

小田原市扇町在住 68歳

11月21日号

市川 靖典さん

南足柄市姉妹都市交流協会の会長を務める

市川 靖典さん

南足柄市在住 67歳

11月14日号

岩永 佐知子さん

街中地域サロン「お休み処新松田」の代表を務める

岩永 佐知子さん

松田町在住 71歳

11月7日号

佐藤 廣理(ひろみち)さん

地蔵堂地区「誓光寺」御開帳実行委員長を務める

佐藤 廣理(ひろみち)さん

南足柄市在住 67歳

10月31日号

田坂 恵理子さん

一般社団法人 Japan HunterGirls (JHG)代表理事を務める

田坂 恵理子さん

南足柄市在住 36歳

10月24日号

芥川 卓さん

小田原市倫理法人会の会長に就任した

芥川 卓さん

開成町在住 57歳

10月17日号

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク