足柄版 掲載号:2018年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

実現へ決意新た 「道の駅」で加藤市長

政治

市政報告会の様子
市政報告会の様子
 南足柄市の加藤修平市長が7日、自らの後援会が市文化会館で開いた市政報告会で、2020年春の開業を目指し準備を進める「道の駅」の整備に向けて改めて強い意欲を示した。報告会には支持者や来賓ら約1000人が参加した。

 加藤市長は、議会が関連予算を一時凍結した道の駅について「議決は真摯に受け止めている。市長として強く推進する政策にご理解を頂くため今後もさらに努力を続ける。夢のある道の駅開業に向けて邁進する」と述べ、事業推進に意欲を示した。

 来賓としてあいさつした中島正信県副知事は2020年開通予定の南箱道路や未病関連施設を引き合いに「南足柄市が計画する道の駅を県としても積極的に応援していく」と述べていた。内田克己議長は「公共施設の統廃合を控えるなかにおいて説明不足があった」と指摘。壇上から「強いリーダーシップを発揮してほしい」と注文をつけた。

足柄版のローカルニュース最新6件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク