足柄版 掲載号:2018年5月5日号 エリアトップへ

足柄茶 品評会用の茶葉を手摘み 矢倉沢の幼木茶畑で

経済

掲載号:2018年5月5日号

  • LINE
  • hatena
矢倉岳を望む杉山さんの茶畑
矢倉岳を望む杉山さんの茶畑

 南足柄市矢倉沢にある農業、杉山金治さん(65)の茶畑で24日、全国茶品評会に出品する「足柄茶」の茶葉の摘み取り作業があり、2市8町の農協関係者らおよそ60人が参加。およそ35キロの生葉を半日かけて収穫した。

 JAかながわ西湘や神奈川県農協茶業センター、神奈川県農業技術センターの職員と県西地域2市8町から集まった組合員が手摘みで上質な新芽だけを収穫。その日のうちに荒茶に加工した。

 全国茶品評会に出品する茶葉は機械で定植してから5年から8年ほどの幼木から手摘みした茶葉が最適とされ、5年目の杉山さんの茶畑に白羽の矢が立った。

 茶業センター茶業運営委員会の細谷善国・品評会対策部会長は「新たに幼木を育てる農家がめっきり減った。今年は平年と比べて10日ほど早く生育している」と話した。

 品評会は8月末に審査会があり、11月に結果が公表される。

全国有数の銘柄

 全国茶品評会は今年が72回目。「足柄茶」は1957(昭和32)年の第11回目から出品を続け、60(昭和35)年に2等、63(昭和38)年には1等を受賞し、一躍全国にその名を轟かせた。現在は県下一元集荷体制のもと、山北町川西の茶業センターを中心に販路拡大や新商品の開発に取り組んでいる。

足柄版のローカルニュース最新6

「戦後語り部」の一員に

南足柄市の石野幸子さん

「戦後語り部」の一員に 社会

4月4日号

南足柄市がJAFと協定

南足柄市がJAFと協定 経済

観光情報の発信でタッグ

4月4日号

雛で心を和ませて

雛で心を和ませて 文化

山北町生涯学習センター

4月4日号

足柄事件簿

3/20〜3/26

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

4月4日号

4月1日付人事異動

1市4町

4月1日付人事異動 経済

3月28日号

特別窓口で支援強化

さがみ信用金庫

特別窓口で支援強化 経済

新型コロナ対策の一環

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月4日号

お問い合わせ

外部リンク