足柄版 掲載号:2018年6月2日号
  • googleplus
  • LINE

「30歳になった絵本」を展示 市立図書館開館30周年記念

教育

 南足柄市立図書館(鈴木彰館長・南足柄市塚原1619の1)は、1988年7月に開館し、今年30周年を迎える。5月17日から1階児童コーナーで「30歳になった絵本100選リスト」を特集展示している。

 昨年暮れ、司書の佐藤友佳さんが「30年前に出版された絵本の展示」を発案。

 同図書館の現在の蔵書数は16万9千冊。そのうち絵本は1万4千冊。30年前に出版され同館に所蔵されているのは300余。シリーズものの絵本は除いて、今でも読み続けられ、親世代に再び読み返し、親子一緒に読んでいただきたい本をコンセプトに司書がリストアップした。今年3月末頃「あかりちゃんのやまのぼり」「かばがおこった」など100冊に絞った。

 鈴木館長は「今年はさまざまなイベントを行うことにより、より多くの方に図書館を知って頂けるようになれば」と話している。展示期間は8月31日(金)まで。

足柄版のローカルニュース最新6件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月16日号

お問い合わせ

外部リンク