足柄版 掲載号:2018年6月30日号 エリアトップへ

松田町地震対応 ブロック塀を総点検 役場職員が総出でチェック

社会

掲載号:2018年6月30日号

  • LINE
  • hatena
塀を確認する職員=松田小
塀を確認する職員=松田小

 松田町は25日、大阪府北部地震で震度6弱を観測した高槻市で通学路を歩いていた女子児童がブロック塀の下敷きになり死亡したことを受けて、町内全域を対象に危険ブロック塀の点検調査を始めた。2015年に続く大規模調査で、高さ1mを超える町内のブロック塀を対象に各課が分担して、結果を7月3日までにまとめる。

 地震発生翌日19日朝、本山博幸町長が関係各課長を集め、町内全域を対象とした職員によるブロック塀の一斉点検を指示した。21日には自治会三役会議で実施への協力を求め、25日朝から6月29日までの5日間で町内を10地区に分けて職員が点検に歩いている。

 この調査と並行して教育課では町内の幼稚園、小中学校すべてを巡回して危険個所の点検にあたっている。

 町では2015年に危険ブロック塀を撤去するための補助金交付制度を創設。この際に町道沿いにある273カ所でブロック塀を確認。高さ1m以上のブロック塀131カ所を確認している。

 その後、2016年4月に1件20万円を上限に撤去費用の2分の1までを助成する「松田町危険ブロック等撤去費補助金」を創設したが、今年6月までの申請件数は1件にとどまっている。

 今回の点検でも高さ1mを超えるブロック塀を対象に独自のチェックリストを作成。塀の高さや長さ、厚さを計測して、ぐらつきや傾き、ひび割れ、控え壁の有無などをチェックしている。

 教育課の職員2人が調査した松田小学校の校庭には、寒田神社との隣接部分に全長110mのブロック塀がある。旧耐震基準の1973年に設置された塀だが倒壊を防ぐ控え壁が等間隔で設置されているが至る所を防水モルタルで補修している跡が確認された。教育課に所属する2級建築士の職員は「控え壁もあり倒壊した高槻の壁よりは危険性は低い」としながらも約1時間をかけて入念に調べを進めていた。

 地震を受けて文部科学省は19日、全国の学校にあるブロック塀などの安全点検を指示している。

足柄版のトップニュース最新6

大阪桐蔭高が5年連続公演

大阪桐蔭高が5年連続公演 文化

南足柄コンサートが定着化

11月16日号

ミャンマーから実習生

ミャンマーから実習生 社会

「草の家」と「和らぎ」

11月16日号

小玉佳吾選手が全国へ

100人カイギ 行政と連携

足柄峠通行止め続く

足柄峠通行止め続く 経済

地蔵堂で山側のり面崩落

11月2日号

市川咲希さん 文科大臣賞

市川咲希さん 文科大臣賞 文化

伊勢神宮奉納書道展 高校生の部

11月2日号

今度こそは かくれんぼ

今度こそは かくれんぼ 社会

11月9日 松田町で日本選手権

10月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク