足柄版 掲載号:2018年9月15日号
  • LINE
  • hatena

大井町相和地区 里山民泊へ経験値アップ モニター受け入れ、登録12世帯に増加

経済

一夜明けて民泊先から四季の里へやってくる学生左は受け入れ先の稲葉妙子さん
一夜明けて民泊先から四季の里へやってくる学生左は受け入れ先の稲葉妙子さん

 大井町の相和地区で8日、学生ら15人による民泊・交流体験があった。相和地区では現在、民泊制度などを活用して宿泊型農村体験プログラムを提供する里山の民泊づくりが進んでいる。

 502世帯1405人が住む大井町の相和地区では、里山の地域資源を生かした活性化策が進んでいる。地域住民と町役場に加え、沖縄や北海道で自然体験教室プログラムを展開するNPOやコンサルが連携している。

 地元の人が「特別なものは何もない」という日常を、地域外の人に「非日常」として提供することが住民の意識に変化をもたらし協力者が増えている。活動の本格化から2年ほどで民泊の受け入れを了承し登録した世帯は12軒まで増えた。

 この日は東海大学観光学部の岩橋伸行教授とゼミの学生14人が2泊3日で相和地区を訪れ、登録民家の5軒が民泊を受け入れ、もてなしなどを体験した。

 昨年春からこれまでに3度、民泊客を受け入れている大井町篠窪の國島和子さん(62)は「地元の皆さんと一緒に手を繋ぎながら、多くの人に里山を満喫してもらいたい。地域の絆も深まり楽しく取り組んでいる」という。國島さんは3人の娘が巣立ち現在は84歳の母と夫の3人暮らし「若い子が家に泊まってくれると賑やかで母も喜ぶ」という。

 相和地区の取り組みを支え3年ほどになるNPO法人自然体験学校の若林伸一理事長は「農業など地域課題がある足柄地域は教育旅行の受け入れ先に十分なり得る。地域の皆さんが困っていることも体験のコンテンツになる」という。岩橋教授も「県内では珍しい取り組み。体験型の教育旅行という視点では大山とも連携できるのではないか」と、相和地区の可能性を評価している。

民泊で交流を深めた学生と相和地区の住民
民泊で交流を深めた学生と相和地区の住民

足柄版のトップニュース最新6件

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

  • 3月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

連休は映画『金次郎』

読プレ

連休は映画『金次郎』

小田原市民会館5月3日・5日

5月3日~8月10日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク