足柄版 掲載号:2018年9月22日号 エリアトップへ

中津川沿いに花菖蒲を植栽

文化

掲載号:2018年9月22日号

  • LINE
  • hatena
遊歩道沿いの花菖蒲の花壇(上)と植栽する地元関係者(下)
遊歩道沿いの花菖蒲の花壇(上)と植栽する地元関係者(下)

 松田町寄の大寺地区で17日、花菖蒲の植栽セレモニーがあり、地元関係者ら約20人が参加した。

 寄自然休養村管理センター近くの大寺橋から、中津川の約1・5キロ下流にある田代橋までの右岸に整備された遊歩道沿いには、20年ほど前からしだれ桜が植えられている。樹齢25年ほどになった現在は1月のロウバイに続く花の名所として、しだれ桜と秋のいちょう並木が定着している。

 花菖蒲の植栽は、NPO蜂の舞う里(安藤徳雄理事長、小出晧治運営責任者)が、東京都葛飾区の水元公園から約3500株を譲り受け、地元のやどろき桜の会(岡部昌典代表)に提供。ロウバイとしだれに続く6月に花が見ごろになる花菖蒲で「新たな活性化に役立ててほしい」との思いでこの日の植栽セレモニーを企画した。

 20年前にしだれ桜並木づくりに取り組んだ地元町議の大舘秀孝さんは「時を超えて新たな花をご提供いただき嬉しい。みんなで育てていい花を咲かせたい」と話し、岡部会長は「地域振興のために頑張って花を咲かせたい」と話していた。

足柄版のローカルニュース最新6

避難所として施設利用

避難所として施設利用 社会

開成町と県西福祉会が協定

9月18日号

新校舎完成まで約5カ月

新校舎完成まで約5カ月 社会

松田で安全祈願

9月11日号

明大マンドリン演奏会が中止

南足柄のジビエ味わう

南足柄のジビエ味わう 社会

「おんりーゆー」

9月11日号

手作りかかしが勢ぞろい

手作りかかしが勢ぞろい 社会

ゆめの里で19日に催し

9月4日号

「マルちゃん」とコラボ商品

小田原タンメン総本店 読プレ

「マルちゃん」とコラボ商品 社会

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook