足柄版 掲載号:2018年9月22日号 エリアトップへ

割タイトル 非常食の大切さ学ぶ 大雄町地域福祉会

社会

掲載号:2018年9月22日号

  • LINE
  • hatena

 非常食の備蓄の大切さと、備蓄した加工食品をうまく使ったメニューを学べる講座が、9月10日、大雄町公民館で開かれた。大雄町地域福祉会(岸スズ子会長)が開いた。  

 講師は小田原市消防署員の有志で構成する災害ボランティアチームDARSTの石橋秀幸(25・小田原市消防署中井分署)さんとチームの協力者関直子(46)さんが務めた。

 会場には地域の住民など18人が参加し、カップラーメン、パックごはん、サバ缶、ゆであずき缶などを使った非常食を作り、試食をした。

 北海道で震度7の地震が6日に起きたばかりのこともあり、参加者たちは熱心に取り組んでいた。

 参加者した76歳の男性は「こういう機会は大切。もっと男性が参加するといい」と話していた。

足柄版のローカルニュース最新6

低山甘く見ないで

松田警察署山岳救助隊 中山孝之警部補

低山甘く見ないで 社会

9月25日号

神奈川県南足柄市が市未所蔵本のリクエストをメールで受付開始

道路の異常通報アプリで、神奈川県が運用開始

広報をポスティング試験配付

【Web限定記事】開成町

広報をポスティング試験配付 社会

10月号のみ全世帯へ

9月25日号

ゼロカーボンシティ創成補助制度

【Web限定記事】開成町

ゼロカーボンシティ創成補助制度 経済

9月25日号

ハナレザルに注意

【Web限定記事】

ハナレザルに注意 社会

南足柄市、山北町で出没

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook