足柄版 掲載号:2018年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

10月7日「お山のジャズコンサート」を開く松田ジャズ同好会の代表を務める 吉崎 重人さん 松田町寄在住 65歳

人生「レフト・アローン」で

 ○…音楽が認知症予防に良いからと役場の福祉課から請われ、8月に松田町の「認知症予防イベント」でサキソフォンのソロ演奏をした。きっかけは町の民生委員をしている奥さんが背中を押したこと。続いて9月に寄中学校の最後の文化祭に、松田ジャズ同好会の仲間と出演。そしてあす7日、代表を務める松田ジャズ同好会で「お山のジャズコンサート」を松田町子どもの館で開く。

 ○…MJC―松田ジャズ同好会は、5年前に町の成人講座、ジャズ講座で出会った仲間で生まれたジャズ好きの集まり。始めは3人だったが、今では、ピアノ3人、ベース、ドラム、トランペット、ボーカル、サキソフォンの8人で活動中。「さほど上手くないけれど、和をもって続けたい」「人前での演奏は緊張するが、練習意欲は湧くので」と控えめ、静かな話し方だ。

 ○…1953年北海道生まれ。高校卒業後上京し、水道管メーカーに勤めた。20歳の時からダンススタジオでサックスを吹き始めた。やがてジャズスタジオで演奏、そして30歳から42歳までジャズ喫茶にどっぷり。ブランクを経て、60歳で再開したのだそうだ。ずっと同じだという1本のテナーサックスは人生の相棒のようだ。

 ○…60歳で定年退職し以来、自由人。子どもの勉強部屋だった一坪余の「山小屋風離れ部屋」を書斎兼練習室にして、大好きなジャズを聴き、気兼ねなくサキソフォンを吹くのがルーティン。「サキソフォンは人の声に近い魅力ある楽器」とぞっこん。好きな演奏家はデクスターゴードン、楽曲はレフト・アローンなどバラード風な感じが好み、という。冬になると車にシュラフを載せて「ひとりスキー」を楽しむ。シャイで寡黙で長身。テナーサックス、そしてスキーがとても似合いそう。

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の人物風土記最新6件

樋口 恢作(かいさく)さん

(公財)神奈川県老人クラブ連合会の理事長として活躍する

樋口 恢作(かいさく)さん

10月13日号

倉橋 貴志さん

国民体育大会ソフトボール成年男子の神奈川県チームを率いる

倉橋 貴志さん

9月29日号

湯川 義明さん

100回目の朝市を主催する南足柄市商店会連合会の会長を務める

湯川 義明さん

9月22日号

原田 征史さん

「大井のかかし祭り」の実行委員会の代表を務める

原田 征史さん

9月15日号

瀬戸 陽一さん

足柄峠笛まつりで篳篥(ひちりき)を奏でる

瀬戸 陽一さん

9月8日号

関 直子さん

「非常食レシピ」を考案して普及活動に取り組む

関 直子さん

9月1日号

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク