足柄版 掲載号:2018年10月13日号
  • LINE
  • hatena

小田原NPO中川さん 「ペットと一緒に」 開成町と連携、“同伴避難”を提唱

社会

作者の中川都子さん=開成町役場で
作者の中川都子さん=開成町役場で
 小田原市を拠点に被災ペットの問題に取り組む特定非営利活動法人(NPO)防災総合ペット育成協会の関係者が5日、開成町役場を訪れ、クラウドファンディングを活用して制作した絵本「君とずっと一緒にいたいから」12冊を町内の幼保・小中学校へ寄贈した。今後、町役場と連携し、ペット防災の取り組みを広めていく。

 絵本の著者は昨年5月にNPOを立ち上げた理事長で主婦の中川都子さん(45)=小田原市。福祉車両の販売などを手掛ける夫の自営業を手伝う傍ら、東日本大震災をきっかけにペット防災への関心が高まり、NPOを立ち上げた。「障害者の夫と犬2匹、猫1匹のペットも同じ災害弱者」という。

 仙台市内の避難所で見た飼い犬や飼い猫の実態を題材に「犬にも感情があること」を、絵本を通じて伝え、絵本を読んだ子どもたちが大人になった時に「ペット防災が当たり前になっていてほしい」と願いを込めた。

 中川さんがめざすのはペットと人間が一緒に避難する「同行避難」と、避難所でもペットと一緒に過ごせる「同伴避難」の普及。そのためには飼い主がしつけや健康管理、マナー、非常時の持ち出し品、準備など、ペット防災の意識を高める必要があるといい、絵本にはその手ほどきも記した。

「犬にも感情」

 インターネットで活動資金を募るクラウドファンディングを今年3月に開始。千冊分の制作費60万円を目標に募集を始めると、趣旨に賛同した愛犬家や企業などからから続々と資金が寄せられた。地元の小田原市では県議、開成町では町議の協力も得て行政を巻き込んだ普及活動を加速させている。

 中川さんは「人と同様に犬にも感情と命がある。被災時には常に一緒にいることを前提に備えてほしい」と訴え、絵本1冊1296円(税込)の販売益を基に増刷を繰り返し、県西地域から全国へ啓発を展開させたい考え。

11月にイベント

 中川さんによると、ペットを飼う世帯は5世帯に1世帯といい、未登録のペットを含めると3世帯に1世帯に及ぶという。

 環境省が今年2月に発表した「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」では、飼い主とペットの「同行避難」を推奨しているが自治体による対策は進んでいないのが実態だ。こうした中で民間による取り組みに注目したのが開成町役場だった。

 同NPOは11月18日(日)午後1時から、開成町福祉会館で絵本出版記念イベントを催す。絵本を題材にした演劇やコンサート、朗読、講演などを予定している。(問)NPO事務局【電話】0465・39・1313。

 開成町は、11月24日(土)に開催する環境防災フェアでも同NPOと連携した「ペット防災」に関する企画を予定している。

 町は今後、ペット防災の取り組みを強化する方針という。

贈呈式の様子
贈呈式の様子

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6件

「新たな覚悟で」

南足柄市加藤市長

「新たな覚悟で」

12月8日号

解体工事始まる

山北体育館

解体工事始まる

12月8日号

協調の姿勢前面に

南足柄市公共施設再編

協調の姿勢前面に

12月1日号

今年もキラキラ

松田山西平畑公園

今年もキラキラ

12月1日号

告示まであと10日

大井町長選町議補欠選

告示まであと10日

11月24日号

男子団体で県3連覇

山北高校弓道部

男子団体で県3連覇

11月24日号

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

  • 11月24日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク