足柄版 掲載号:2018年10月20日号 エリアトップへ

大井町 酒米の棚田で農業体験 地元保存会 初のツアー受け入れ

文化

掲載号:2018年10月20日号

  • LINE
  • hatena
コツを教わりながらはざ掛けを体験する参加者
コツを教わりながらはざ掛けを体験する参加者

 大井町相和地区高尾の棚田で12日、酒造りに使う米の収穫体験があり、全国農協観光協会(東京都千代田区)の食育ツアーに参加した横浜や川崎などの男女8人が、稲刈りからはざ掛けまでの作業を体験した。

 棚田は地元農家9人でつくる高尾棚田保存会(藤澤憲吾会長)が3年前に休耕田を復活させた。5千平方メートルの棚田で栽培した「吟のさと」を大井町の井上酒造が醸造し「夢高尾」(純米酒)として販売している。

 都内の広告代理店に勤務する吉田裕子さん(43)は「仕事で食を扱っていることもあり応募した。母の実家で稲作をしていたのに米のことを知らずにいた。いい経験になった」と汗を流していた。

 相和地区では地域全体で農業体験の受け入れを広める活動が進んでいる。保存会もこの動きを受けて今回はじめてツアーを受け入れた。

 藤澤会長は「地域の活性化になれば、という思いで始めて3年目になる。都会からこうして人が来てくれて大井町を好きになってくれれば嬉しい」と話していた。

足柄版のローカルニュース最新6

松田町が町政懇話会

松田町が町政懇話会 社会

11月6日 事前申込制

10月16日号

ヒマワリの季節到来

ヒマワリの季節到来 社会

南足柄で12月まで続々

10月16日号

ワクチン1回目県内1位

3氏による争いの公算

衆院選

3氏による争いの公算 政治

神奈川17区 31日投開票へ

10月16日号

10月から土曜運行開始

10月から土曜運行開始 社会

大井町の巡回バス

10月16日号

コロナ対応で共通追試

私立中受験

コロナ対応で共通追試 教育

来年2月、県私学会館で

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook