足柄版 掲載号:2018年12月8日号 エリアトップへ

山北体育館 解体工事始まる 木造の武道場に更新へ

社会

掲載号:2018年12月8日号

  • LINE
  • hatena
山北体育館
山北体育館

 老朽化のため閉鎖されていた山北町の山北体育館の解体工事が始まった。来年3月までに更地にして、町が新たに武道場として整備する方針という。

 県西地域で最古の公立体育館と言われる山北体育館は、1959(昭和34)に完成した。前年は東京タワーが完成し、この年はオリンピックの開催地が東京に決まり、長嶋茂雄が天覧試合でサヨナラ本塁打を放った。

 1階に格技場、2階には多目的の運動スペースがあり、かつては成人式の会場でもあったが、近年は施設の老朽化や耐震構造が懸念されるようになり、町は昨年10月に安全上の理由から供用を中止していた。

 その後、町は今年度当初予算に解体に向けたアスベストの含有調査を実施し、安全性を確認。今年9月の議会定例会に施設解体費の補正予算を計上し、議決を得たため、12月に解体が始まった。

 町は来年4月からの新年度に更新施設の概要を本格化させ、議決を経て設計に着手し、国県などの補助金を含む財源を確保したうえで、早ければ2020年度にも新施設を建設したい考え。

 新たな施設は、これまで利用が多かった柔道や剣道、杖道などの武道に対応できる木造建築を想定していて、地域の住民などが活用できる集会機能も兼ね備える方針で検討を進めている。

足柄版のトップニュース最新6

県がバリアフリー表彰

県がバリアフリー表彰 経済

松田町子育て等支援住宅

2月22日号

VRで認知症を体験

VRで認知症を体験 社会

健常者が100人 驚きの声も

2月22日号

50周年の節目祝う

50周年の節目祝う 経済

南足柄市商工会青年部

2月15日号

廃トンネル内ウド出荷へ

廃トンネル内ウド出荷へ 経済

2月15日から販売開始

2月15日号

かながわ駅伝あす号砲

かながわ駅伝あす号砲 スポーツ

足柄地域のチームが気勢

2月8日号

子ども向け科学本大集合

子ども向け科学本大集合 教育

南足柄市立図書館 2月末まで

2月8日号

スマートIC23年度開通へ

スマートIC23年度開通へ 経済

山北町 新東名工期延期で

2月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク