足柄版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

高校生アスリート 全国大会でめざせ日本一 東海大相模バレー、ノジマステラU-18で活躍中

スポーツ

左から 森麻優奈(2年・文命中)高住祐衣(2年・湘光中)=開成水辺スポーツ公園
左から 森麻優奈(2年・文命中)高住祐衣(2年・湘光中)=開成水辺スポーツ公園
 2019年がスタートした。2020夏季五輪を控え、スポーツ競技への関心が高まってきている。なかでも、次代を担う若い選手たちの活躍ぶりは目覚ましいものがある。1月初旬に開催される全国大会「男子バレー」と「女子サッカー」に出場する地元在住の高校生たちの取材を通して、その息吹の一端に触れた。

春高バレー

 1月5日から都内で始まる「第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会」(春高バレー)。地区予選を突破し、県の第1代表になったのが「東海大学付属相模高等学校男子バレー部」。

 31人の部員の中に7人、足柄近隣の選手がいる。レギュラーとしてコートに立ち、大型新人として注目されているのが榎本航己(1年・岡本中)と西山大翔(1年・岡本中)。共に身長190cmを超え、世代別の日本代表として国際試合も経験している。

 ミドルブロッカーの榎本は、高さを活かした速攻とブロックが持ち味。バレーボールは両親の影響で小1から始めた。高校生になって初の全国大会に「1年生らしく全力でプレーしたい。全国のレベルを知りたい」と意気込む。

 ウイングスパイカーの西山の持ち味は、高い打点から打ち込むスパイク。バレーボールは兄の影響で中2から始めた。「春高は初めて出場なので一つでも多く勝てるように頑張りたい」。皆が勝利に向けて気合十分だ。

全日本U―18女子サッカー

 1月3日から大阪で始まる「JAF第22回全日本U―18女子サッカー選手権大会」。県第1代表から関東ベスト4に入った「ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ」が同大会に出場する。

 クラブには足上の選手2人が所属する。サイドハーフの森麻優奈(伊志田高2年、文命中)と、センターバックの高住祐衣(座間総合高2年、湘光中)だ。2人とも兄の影響で森は小2、高住は小1から男の子と一緒に地元でサッカーを始めた。中学の頃から互いを知っていたという2人。大会では「全国制覇を目指したい」と意欲をみせる。

早朝から通学

 県央部への通学は早いと朝5時起床で5時半出発、帰宅は午後9時を過ぎることもある。共通するのは「競技スポーツを自分そのもの」と捉えていること。高校生アスリートの集中するパワーに無限の可能性をみた。

左から 高田丸生(1年・岡本中)長谷川楓(1年・足柄台中)西山悠生(2年・岡本中)西山大翔(1年・岡本中)榎本航己(1年・岡本中)藪田拍雅(3年・東海大相模中)山中友葵(2年・岡本中)    =東海大相模高体育館
左から 高田丸生(1年・岡本中)長谷川楓(1年・足柄台中)西山悠生(2年・岡本中)西山大翔(1年・岡本中)榎本航己(1年・岡本中)藪田拍雅(3年・東海大相模中)山中友葵(2年・岡本中)   =東海大相模高体育館

足柄版のトップニュース最新6件

香りで「春」を感じて

(一財)春めき財団

香りで「春」を感じて

2月16日号

一般会計3.7%増の142億円

南足柄市

一般会計3.7%増の142億円

2月16日号

コンビニとAEDで協定

松田町

コンビニとAEDで協定

2月9日号

市長選3人、市議選17人

「酒匂川の声を聞こう」

劇団光芒の花

「酒匂川の声を聞こう」

2月2日号

定数割れの懸念高まる

山北町議会議員選挙

定数割れの懸念高まる

2月2日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

医療から介護まで

管理栄養士、薬剤師、看護師、介護士 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク