足柄版 掲載号:2019年1月26日号 エリアトップへ

山北町共和地区で「山づくり」に挑む 井上 正文さん 山北町皆瀬川在住 74歳

掲載号:2019年1月26日号

  • LINE
  • hatena

寝る間も惜しみ、動く

 ○…この春で山北町議を引退する。初当選から1期4年。「最後の命をどう使うか考えた」。4年前に「山つき(山間部)」の共和地区で推され、無投票当選でバッジを付けたが「言葉より行動」の性分が揺らぐことはなかった。町の山々から酒匂川へ注ぐ水は小田原の飯泉で東に進路を変え、地下を旅して川崎へ届く。その水源地に住むことを深く自覚してから、まだ10年も経っていない。

 ○…眼前にある大野山やその奥に連なる山々は、かつての自分にとっては「何でもない山だった」。共和地域振興会の会長を務めていた8年前にそれが資源だと気付いた。1期2年が慣例だった会長職に「10年やる」と宣言して就き、仲間と注力してNPO法人「共和のもり」を設立。山の恵みを活かす体験事業では、それぞれの特技を持つ住民が講師として活躍し、築に移住する若者も増えた。

 ○…「災害に強い山づくり。動物がすめる山づくり。メシが食える山づくり」―共和地区では、山と向き合う人々が異口同音にそう口にする。「雨風で生活道路をふさぐ木を切ることから始まった。一服しながらの会話で、切った木を放置しておくのがもったいないことに気づいた」

 ○…「発想力と行動力。共和のカリスマ。医者にはかからず健康診断も受けず、マグロのように動き、面倒見がいい」。目標に向かって共に活動する共和の同志はそう評する。「5時に呑み始めて8時には寝るから2時には目が覚める。ずっと起きていたいぐらいだよ」と本人談。1944年、山北生まれ。酪農業に勤める両親のもと「12人きょうだいの下から2番目」に生まれた。山北高校から旧国鉄に入社。若い頃は電車の運転士だった。「今の方がぜんぜん楽しい」という。奥さんは柚子コショウの名人。

足柄版の人物風土記最新6

山本 茂富さん

画家兼バッジ製作者として活動する

山本 茂富さん

二宮町在住 62歳

6月19日号

児玉 洋一さん

神奈川県町村議会議長会の会長に就任した

児玉 洋一さん

山北町在住 47歳

6月12日号

葛西 宣則(かっさい よしのり)さん

自衛隊の経験を生かし、開成町防災安全専門員として励む

葛西 宣則(かっさい よしのり)さん

開成町在住 61歳

6月5日号

佐藤 静さん

「minaka dayマルシェ」の実行委員として中心的な役割を務める

佐藤 静さん

山北町在住 39歳

5月29日号

湯川 仁士(まさし)さん

パステル画と詩で自然の姿を表現する

湯川 仁士(まさし)さん

山北町在住 68歳

5月22日号

阿部 玲子さん

保護司として長年更生活動に努め、このほど藍綬褒章を受章した

阿部 玲子さん

開成町在住 75歳

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter