足柄版 掲載号:2019年4月6日号 エリアトップへ

山北町への移住・定住促進 4者が包括協定を締結

経済

掲載号:2019年4月6日号

  • LINE
  • hatena
4者の代表が手を合わせた
4者の代表が手を合わせた

 山北町(湯川裕司町長)とユーミーらいふグループの構成企業である日本PFIインベストメント(株)(西山和成代表取締役)、(株)横浜銀行(大矢恭好代表取締役頭取)、(株)タウンニュース社(宇山知成代表取締役)の4者が3月28日、山北町役場で山北町への移住・定住の促進に向けた官民連携のための包括協定を締結した。

 豊かな自然を有する山北町は、子育てや定年後の暮らしに適した地域で、直面する人口減少の解決に向け、広く移住・定住を呼びかける「若者定住・子育て支援プロジェクト」を進めている。

 山北駅北側定住促進住宅整備PFI事業を展開する日本PFIインベストメント、神奈川県内に情報ネットワークをもつ横浜銀行、県全域・東京多摩地域で地域情報紙の発行、イベント・お出かけ情報サイト「RareA(レアリア)」を運営するタウンニュース社の3社が、それぞれのノウハウ、強みを活かし連携することで、山北町の移住促進の支援を行う。

 湯川町長は「連携することでいろいろなアドバイスをいただける。新しいチャレンジもできる」と話し、日本PFIインベストメントの西山社長は「住まいと併せ仕事の紹介もしている。もっと住みたくなるような仕掛けをしたい」と話した。

足柄版のローカルニュース最新6

平和の「音色」届け

平和の「音色」届け 社会

開成でチャリティー演奏

5月21日号

山北町が学生等に給付金

伝承碑から災害を学ぶ

伝承碑から災害を学ぶ 教育

5月28日講演会

5月21日号

増築の新園舎お披露目

酒田みなみの保育園

増築の新園舎お披露目 社会

5月21日号

中央公園で開園イベント

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook