足柄版 掲載号:2019年6月8日号 エリアトップへ

「小田原のウニ」出荷なるか 早ければ今月中にも

社会

掲載号:2019年6月8日号

  • LINE
  • hatena
古谷部長の手の上に座るムラサキウニ
古谷部長の手の上に座るムラサキウニ

 海の「厄介者」として県沿岸部で問題になっているウニが、小田原市漁業協同組合青年部の手によって「宝」へと変化しようとしている。今年4月から畜養を始めたウニが、出荷間近まで成長。県内初のウニの出荷となるか期待される。

 畜養するのはナガウニ科ムラサキウニ。2017年に県水産技術センターがキャベツなどの野菜をエサに、ウニの養殖技術を開発している。

 温暖化の影響で市沿岸海域にウニが増加。海藻類を食べ尽くし、藻場が減少する「磯焼け」の原因のひとつにもなっている。そこで青年部は今年の3月、厄介者となっているウニを地元の資源に変えようと同センターを視察し、畜養技術を習得した。畜養は同センター相模湾試験場(市内早川)の専門家も協力し、4月から開始。新港で約430匹を専用のケースで飼育している。

 通常ウニは4月から6月にかけて身が大きく成長し、最も畜養に適している。青年部が畜養したウニも、開始から2カ月で食用となる5房の生殖巣を持つまでに成長した。

 ウニの畜養で最も重要なのが水質の管理。10日に1回水を入れ替え、飼育ケースは常に水を循環させている。同センターによると、水質の管理が不十分だと死ぬこともあるという。そのため、糞やエサの残りを食べて水質をきれいにするナマコもケース内で育てている。

 県内ではこれまでに各地で畜養試験が行われたが、いずれも出荷まで至っていない。関係者らとの間で商談が決まれば、早ければ今月中に県内初の出荷となる。

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月15日号

恒例の無料検診が好評

恒例の無料検診が好評 社会

足柄歯科医師会が啓発事業

6月15日号

未就学児からの親向け

性教育ミニセミナー

未就学児からの親向け 社会

6月15日号

目指せおもてなしマイスター

目指せおもてなしマイスター 経済

6月30日 松田町で検定

6月15日号

ジャカランダが咲き始め

ジャカランダが咲き始め 社会

6月20日以降が見頃

6月15日号

令和最初の夏はじまる

高校野球

令和最初の夏はじまる スポーツ

神奈川大会組み合わせ決定

6月15日号

カーブミラーを清掃

カーブミラーを清掃 社会

南足柄ライオンズクラブ

6月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク