足柄版 掲載号:2019年6月8日号 エリアトップへ

「小田原のウニ」出荷なるか 早ければ今月中にも

社会

掲載号:2019年6月8日号

  • LINE
  • hatena
古谷部長の手の上に座るムラサキウニ
古谷部長の手の上に座るムラサキウニ

 海の「厄介者」として県沿岸部で問題になっているウニが、小田原市漁業協同組合青年部の手によって「宝」へと変化しようとしている。今年4月から畜養を始めたウニが、出荷間近まで成長。県内初のウニの出荷となるか期待される。

 畜養するのはナガウニ科ムラサキウニ。2017年に県水産技術センターがキャベツなどの野菜をエサに、ウニの養殖技術を開発している。

 温暖化の影響で市沿岸海域にウニが増加。海藻類を食べ尽くし、藻場が減少する「磯焼け」の原因のひとつにもなっている。そこで青年部は今年の3月、厄介者となっているウニを地元の資源に変えようと同センターを視察し、畜養技術を習得した。畜養は同センター相模湾試験場(市内早川)の専門家も協力し、4月から開始。新港で約430匹を専用のケースで飼育している。

 通常ウニは4月から6月にかけて身が大きく成長し、最も畜養に適している。青年部が畜養したウニも、開始から2カ月で食用となる5房の生殖巣を持つまでに成長した。

 ウニの畜養で最も重要なのが水質の管理。10日に1回水を入れ替え、飼育ケースは常に水を循環させている。同センターによると、水質の管理が不十分だと死ぬこともあるという。そのため、糞やエサの残りを食べて水質をきれいにするナマコもケース内で育てている。

 県内ではこれまでに各地で畜養試験が行われたが、いずれも出荷まで至っていない。関係者らとの間で商談が決まれば、早ければ今月中に県内初の出荷となる。

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のローカルニュース最新6

ラグビーで培ったリーダーシップ

ラグビーで培ったリーダーシップ スポーツ

 (株)ミクニ 代表取締役社長・生田久貴さん

10月19日号

水辺スポーツ公園を救え

開成町

水辺スポーツ公園を救え 社会

台風翌日に町民らが復旧活動

10月19日号

小田原城で筋肉自慢

小田原城で筋肉自慢 社会

10/26 かながわ消防フェア

10月19日号

主要河川氾濫危機も無事

台風19号

主要河川氾濫危機も無事 社会

各市町で過去最多の避難者

10月19日号

キノコ汁に舌鼓

キノコ汁に舌鼓 社会

コキアの里で紅葉まつり

10月19日号

弓道国体準優勝に貢献

弓道国体準優勝に貢献 スポーツ

山北高校 佐々木俊さん

10月19日号

親子で楽しもう

親子で楽しもう 社会

チビッ子らんどフェスタ

10月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク