足柄版 掲載号:2019年6月8日号 エリアトップへ

初の屋外型認知症カフェ 松田町 6月12日開催

社会

掲載号:2019年6月8日号

  • LINE
  • hatena
以前に行った音楽をテーマとした認知症講演会の模様。松田町は認知症対策として多方面から取り組んでおり、今回も注目される
以前に行った音楽をテーマとした認知症講演会の模様。松田町は認知症対策として多方面から取り組んでおり、今回も注目される

 認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりを推進する松田町では6月12日(水)、午前10時から屋外型認知症カフェ「MATSUDAおれん路さんぽ」を開催する。初めての「屋外版」として注目される。

 松田町は2017年3月から毎月1回、町内のカフェバーを借りて認知症カフェ「MATSUDAおれんぢかふぇ」を、町民ボランティアの協力で開催している。そこで、参加者から「もう少しこのように皆で過ごせる機会があるといい」「外に散歩に行ってみたい」との要望が出て、今年4月、ボランティア団体「MATSUDAおれんぢの会」が任意団体として発足。今回の自主企画を行うことになった。

 当日はカフェバー瀬羅に集合し、【1】初夏の緑を感じてみよう「延命寺コース」【2】松田美人に会えるかな?「中澤酒造コース」【3】そのまま、ゆっくりお茶しましょう「瀬羅コース」の3つを用意。いつもの認知症カフェを飛び出して、町内の名所をのんびり散策できるプランを設定した。

 松田町は、2016年9月に神奈川県の町では初めて認知症初期集中支援チームを設置。認知症カフェの他、認知症予防教室や「かぞくのつどい」などを開催。これまでは自治会を中心に認知症サポーター養成講座を開催してきたが、今後は学校関係、各種団体、金融機関など幅広く対応していく構えだ。サポーター数は1400人を超え、住民の12・8%となった。

 また、4月には認知症治療の道標となるケアパスを全戸に配布。毎月末水曜日に開催している認知症カフェでは、夏休み期間中は子どもたちとの触れ合いを計画しているという。

 松田町の認知症カフェは、これまでに様々な取り組みを行ってきたが、何より人気だったのがミニコンサートだという。町福祉課では「地域全体が認知症を『自分事』ととらえ、全体で支えていくことが大切」と話しており、今回の「屋外型」開催が新たなステップとなりそうだ。

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

クリエイトSDと協定

山北町

クリエイトSDと協定 経済

災害時に生活物資を調達

1月25日号

足柄上一周駅伝あす号砲

足柄上一周駅伝あす号砲 スポーツ

合同庁舎を9時発走

1月25日号

開成町社協にキャラ誕生

開成町社協にキャラ誕生 社会

その名は「みずたまちゃん」

1月18日号

2度目の成人祝う

2度目の成人祝う 社会

南足柄で四十祭

1月18日号

参加者評価が全国7位に

参加者評価が全国7位に スポーツ

天狗のこみちマラソン

1月11日号

新成人は1062人

本紙発行1市4町

新成人は1062人 社会

今週土日各市町で式典

1月11日号

連絡協議会 活性化の1年

連絡協議会 活性化の1年 経済

シルバー人材センター

1月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月25日号

お問い合わせ

外部リンク