足柄版 掲載号:2019年8月24日号 エリアトップへ

松田町 国際交流に本腰 マレーシアから留学生受け入れ

教育

掲載号:2019年8月24日号

  • LINE
  • hatena
映像で自国の紹介をするナルーさん
映像で自国の紹介をするナルーさん

 松田町はこのほどマレーシアとの交流開始を発表。今後、同国からのインターンシップ生の受け入れを行うことをはじめ、留学生と町民が交流することで、両国の行き来をスムーズにできるような支援も行っていくという。期間は2年間を予定。

 8月10日に行われた「こども夏フェス」の会場となった町民文化センター内で同町とマレーシア政府観光局との記者発表が行われ、交流開始を発表した。国際交流事業に積極的に取り組む同町は一昨年2人のオランダ国籍の職員と雇用契約を結んだことをきっかけに国際交流を本格的に開始した。

 本山博幸町長は「インターンを活かして日本、そして松田町を知ってもらい、こちらからもぜひマレーシアに行きたいという町民を増やしたい。小さいことから大きなものに発展させていきたい」と話し、留学生のナルーさんも「松田町は東京と比べて緑も豊富で過ごしやすい。私はイスラム教徒なので一般の人と少し違いがあるけど、町民のみなさんはとても優しく、そしてリスペクトしてくれているのでうれしい」と話した。

 早速、ナルーさんは会見後、マレーシアと日本との違いなどを映像を使って来場者に紹介し、会場に設置された交流コーナーで中学生以上の人を対象に英会話のワークショップを行った。ナルーさんは8月下旬まで松田町に滞在予定。

 松田町では今後、年間で3度に分けてインターンを受け入れ、町民との交流や、小中学校などでも特別授業を行うなどの事業を計画している。

足柄版のローカルニュース最新6

平和の「音色」届け

平和の「音色」届け 社会

開成でチャリティー演奏

5月21日号

山北町が学生等に給付金

伝承碑から災害を学ぶ

伝承碑から災害を学ぶ 教育

5月28日講演会

5月21日号

増築の新園舎お披露目

酒田みなみの保育園

増築の新園舎お披露目 社会

5月21日号

中央公園で開園イベント

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook