足柄版 掲載号:2019年8月31日号 エリアトップへ

8月に入り例年並みに 足柄地域の熱中症搬送者数

社会

掲載号:2019年8月31日号

  • LINE
  • hatena

 南足柄市と足柄上郡1市5町の今年7月1日から8月23日現在の熱中症患者の搬送者数は42件(7月15件、8月27件)で、昨年同時期の64件(7月、8月ともに32件)を下回った(小田原市消防本部調べ)。

 今年、搬送者が減少傾向となった主な要因として関東地方の梅雨明けが平年より8日、昨年より30日遅かったことがあげられる。横浜地方気象台の定点観測では、この地域は7月は平均気温が30度を上回った日がなかった。しかし、梅雨が明けた7月下旬から8月にかけては暑さが戻り、昨年比とほぼ同数にまで数値が上がった。

 同署救急課は「昨年に比べ、7月は過ごしやすい日が続いた。しかし8月に入ると連日30度以上の真夏日となり、状況は一変した」と振り返る。

 今後9月に入っても厳しい残暑が続くことが予想され、同署では「室内ではエアコンをつける、水分補給をこまめに行う、塩分を摂るなどの対策を行い、体調管理に努めてほしい」と注意を呼びかけている。搬送者の割合に目を向けても高齢者が66%と大多数を占めており、特に注意が必要だ。

山、川のレジャーにも注意を

 松田警察署によると足柄地域の今夏の水難事故は0件だったが、8月に山北町世附付近で20代の男性が山岳遭難で死亡する事故が発生した。同署では、レジャーシーズンが続く今後も水難、山岳事故の防止に向け、注意喚起を行っていく。

足柄版のローカルニュース最新6

「スマホでも本読んで」 

西湘高

「スマホでも本読んで」  教育

電子図書館サービスを導入

6月19日号

玉野さんら4人を表彰

市教育委員会

玉野さんら4人を表彰 教育

6月19日号

クマ目撃相次ぐ

クマ目撃相次ぐ 社会

ハイカーに注意喚起

6月19日号

平年遅れの梅雨入り

湯河原は開設、小田原・真鶴中止

県西エリア海水浴場

湯河原は開設、小田原・真鶴中止 社会

6月19日号

水泳授業 今夏も中止に

水泳授業 今夏も中止に 教育

足柄上地域の小中学校

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter