足柄版 掲載号:2019年9月7日号 エリアトップへ

公益社団法人小田原薬剤師会の会長に就任した 荒井 俊明さん 小田原市鴨宮在住 54歳

掲載号:2019年9月7日号

  • LINE
  • hatena

地域に根差す薬のプロへ

 ○…小田原市と南足柄市、足柄上郡・下郡の2市8町の薬剤師が集い、市町民の健康のために、さまざまな事業を展開する小田原薬剤師会。薬局数124店舗、会員数333人の大所帯を束ねる重責を担う。「仲間の顔が見える関係づくりと薬局同士の連携を図っていきたい。自分がそのきっかけを作れれば」。皆と協調しながら会を盛り上げていきたいと語る。

 ○…子育て支援や認知症関連イベント、公開講座など、住民と触れ合う活動も多い。その中でも公民館などで行う出前講座は大切にしていきたいことの一つ。薬の飲み方や副作用の話だけでなく、「薬剤師との付き合い方も知ってほしい。いつでも相談できる薬剤師が近くにいることをもっとアピールしないと」。医療・介護の専門家と取り組む地域包括ケアシステムの構築には、薬剤師が地域の人たちに安心感を持ってもらうことが大事だという。「研修会を行うなど、自分自身も会もレベルアップし、期待に応えられる集団を目指したい」

 ○…幼少期から重いぜんそくを患い、病院にかかることが多かった。その時にいつも丁寧に接してくれた薬剤師。その姿を見て自然に「自分も将来は薬剤師に」と夢を抱いた。西湘高校から昭和薬科大学へ。卒業後、院内薬局等の勤務を経て2年前「地域密着で患者さんと長く付き合える薬局を」と塚原駅前に龍正堂薬局を開局。「患者さんが動けなくなった時、力になれる存在でありたい」と、熱い思いは尽きない。

 ○…薬局で取り扱う薬の数は約1千種。錠剤の刻印なども確認しながらの作業は神経を使う。疲れた体を癒してくれるのは家族との時間。公園で息子たちとキャッチボールをすれば気分もリフレッシュ。「冬になったら家族で雪山スキーに行きたい。行けるかな」と笑った。
 

足柄版の人物風土記最新6

武藤 輝夫さん

開成弥一芋研究会会長の

武藤 輝夫さん

開成町金井島在住 79歳

10月19日号

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

江島 紘(ひろし)さん

足柄地域の多くの市町も参加する小田原市ラグビー・オリパラ活性化委員会の会長を務める

江島 紘(ひろし)さん

小田原市城山在住 76歳

9月28日号

飯田 勝宏さん

松田山にコキアの里を開園する

飯田 勝宏さん

松田町松田惣領在住 74歳

9月21日号

坪井 浩司さん

松田町と連携してフィットネスジム運営をスタートする

坪井 浩司さん

大井町金手在住 31歳

9月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク