足柄版 掲載号:2020年2月8日号 エリアトップへ

かながわ駅伝あす号砲 足柄地域のチームが気勢

スポーツ

掲載号:2020年2月8日号

  • LINE
  • hatena
今年は30チームが出場(写真は昨年)
今年は30チームが出場(写真は昨年)

 県内19市11町村対抗で競う「第74回市町村対抗オールかながわスポーツゲームズかながわ駅伝競走大会」が2月9日(日)、秦野市カルチャーパーク陸上競技場スタート、相模湖公園ゴールの7区間51・5キロのコースで行われる。午前9時スタート。大会をあすに控え、各市町の意気込みを聞いた。

 昨年、足柄地域で最上位の24位・松田町は若手選手を主体にチームを編成。女子区間に起用が濃厚な柏木もも代選手(秦野高校2年)とエース本多駿選手の力走に期待がかかる。遠藤誠監督は「若手とベテランの総合力で町村6位を目指す」と期待を込めた。

 前年25位の南足柄は、先日行われた足柄上南一周駅伝で5連覇を果たした勢いに乗るメンバーに加え、石部夏希選手(山梨学院大)、矢後銀二選手(藤沢翔陵高校)、安藤凛選手(相洋高校)らを加えた若手の布陣で挑む。高田勇二監督は「勢いある若手を中心とした強力な布陣で2区から順位を上げ、総合15位以内を狙いたい」と話した。

 前回26位の大井町は、昨夏全中に出場した可児悠貴選手(湘光中3年)や曾根直也選手(鎌倉学園高1年)ら中・高生の奮起がポイントになりそうだ。古澤元一監督は「学生ランナーとベテランの力を合わせて町村の部で6位入賞を目指したい」と意気込んだ。

 また、開成町(前回27位)は、通算10回目の出場となるベテラン・羽原輝晃選手(足柄上郡陸協)を軸に「ONE TEAMで町村の部で入賞を目指す」(石渡卓司監督)。山北町(前回29位)は、高校生の山口晃輝選手(相洋高校)と齋藤レイメイ選手(山北高校)で勢いに乗れるか。ベテランの中戸川敦選手(足柄上郡陸協)などの力も加わり、目指すは「3時間切りで前年を上回る成績を」と松澤大輔監督。1市4町の選手、スタッフともにあすの号砲を待つばかりだ。

KuraMaster 受賞店

丹沢山水系の水利用。全量小仕込み、箱麹法を用いるなど酒造へのこだわりも

https://setosyuzo.ashigarigo.com/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

議員半数入れ替わり

大井町議選

議員半数入れ替わり 政治

6新人が全員当選

9月19日号

犯罪被害者支援の推進を

犯罪被害者支援の推進を 社会

南足柄市と松田署が覚書

9月19日号

寄付額 過去最高ペース

南足柄市ふるさと納税

寄付額 過去最高ペース 経済

4―7月で約7億5千万

9月12日号

事前放流の運用開始

三保ダム

事前放流の運用開始 社会

洪水調節容量1.5倍に

9月12日号

ICT機器を無償で貸与

南足柄市

ICT機器を無償で貸与 教育

「学びの保障」で生徒児童に

9月5日号

少年サッカーへ協力

TKCOMPANY株式会社

少年サッカーへ協力 スポーツ

通年で大会をサポート

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク