足柄版 掲載号:2020年4月4日号 エリアトップへ

蚕神の祠 建て替え完成 南足柄市 矢倉沢で有志が

社会

掲載号:2020年4月4日号

  • LINE
  • hatena
新しく完成した祠(ほこら)
新しく完成した祠(ほこら)

 南足柄市矢倉沢の白山神社の登り口付近にある蚕神の祠(かいこがみのほこら)の損傷が激しく、このほど建て替えが完了した。矢倉沢自治会の有志が建造費の寄付金を集めて実施した。

 2年前の2月、自治会の有志が老朽化した旧祠の内部を確認したところ、真綿にくるまれた像高約13cmの金属製の御神体(右写真)と、寄贈者の名入りの札を発見した。

 建設世話人代表の植田勇次さんは「かつて矢倉沢は養蚕が盛んで、数十件の養蚕農家が存在したが、年の初め繭ができると、この祠に吊るし、養蚕農家が集まって手を合わせた、と聞いていた」と話す。

 植田さんは、寄付者の持田初治郎氏の盛進社が横浜市にあった製糸会社だと知り、同じ御神体が相模原市、厚木市にも現存することを突きとめた。「持田氏が県の農林技師とともに県内各地を訪ね、養蚕の指導をした際に、その地区にこの像を祀るように奨めたと思われる」と植田さんは推測する。

 こうした歴史的な背景からも意義のある祠だとし、歴史遺産として管理し、後世に残すことを決定。寄付金を募り、祠を建て替えることになった。地元出身の宮大工・勝又公二氏が代表を務める櫻乃勝工務店(御殿場市)に発注し、屋根は地元の杉山工業・杉山誠一氏が受け持った。「2人が利益度外視で請け負ってくれたおかげ」と植田さんら世話人が感謝の気持ちを表した。

 御神体は現在、旧祠に存在するが、近日中に新祠に移設されることに。扉には南京錠をかけて、厳重に守られることになる。

足柄版のトップニュース最新6

オンライン学習を開始

松田町

オンライン学習を開始 教育

小中学校630人を対象

5月30日号

6月26日 道の駅オープン

6月26日 道の駅オープン 経済

「足柄・金太郎のふるさと」

5月30日号

詩の朗読 感動から寄付

詩の朗読 感動から寄付 社会

春めき財団 古屋富雄さん

5月23日号

新型コロナ詐欺に注意を

新型コロナ詐欺に注意を 社会

松田警察署が呼びかけ

5月23日号

足柄の皆さんありがとう

足柄の皆さんありがとう 社会

飲食店 多くの注文に感謝

5月16日号

「地域ごとの緩和策を」

「地域ごとの緩和策を」 経済

足柄地域1市5町 県へ要望

5月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク