足柄版 掲載号:2020年7月25日号 エリアトップへ

山北町が”新しい避難所”訓練 新型コロナ感染リスク考慮

社会

掲載号:2020年7月25日号

  • LINE
  • hatena
間仕切り用のテントを組み立てる職員たち
間仕切り用のテントを組み立てる職員たち

 山北町は7月15日、新型コロナに対応した避難所運営を確認するため、町立生涯学習センターで町職員による訓練を実施した。冒頭、湯川裕司町長は「避難所では町民が『ここに来たら大丈夫だ』と思える安全性と安心感が最重要。町組織のマンパワー、関係機関とのスムーズな連絡体制を一層高められるよう臨むこと」と話し、訓練が始まった。

 これまでの避難所との違いとして、この日に確認されたのは主に次の6点【1】避難所に入る前の体調チェックと体温測定【2】手洗い・咳エチケットの励行【3】避難所内の定期的な消毒・清掃【4】体調チェックの結果に応じた動線管理とゾーン分け、トイレ確保【5】3密を避けるための換気とスペース管理【6】運営職員の個人用防護具の装備。職員たちは一つひとつの流れと動きを確認しあった。

 昨年の台風19号では避難者が213人に上った山北町。最も多かった生涯学習センターには184人が避難している。町では「今年も同程度の事態は発生し得ると考えている」と言い、事前の備えに余念がない。参加した職員の一人は「机上では気づきにくいこともたくさんあるので、今回の実働訓練は有意義だった」と話した。

足柄版のローカルニュース最新6

低山甘く見ないで

松田警察署山岳救助隊 中山孝之警部補

低山甘く見ないで 社会

9月25日号

神奈川県南足柄市が市未所蔵本のリクエストをメールで受付開始

道路の異常通報アプリで、神奈川県が運用開始

広報をポスティング試験配付

【Web限定記事】開成町

広報をポスティング試験配付 社会

10月号のみ全世帯へ

9月25日号

ゼロカーボンシティ創成補助制度

【Web限定記事】開成町

ゼロカーボンシティ創成補助制度 経済

9月25日号

ハナレザルに注意

【Web限定記事】

ハナレザルに注意 社会

南足柄市、山北町で出没

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook