足柄版 掲載号:2020年10月17日号 エリアトップへ

開成南小安田君 県陸上混成競技でV 前半5位も幅跳びで逆転

スポーツ

掲載号:2020年10月17日号

  • LINE
  • hatena
優勝メダルと賞状を手にする安田君
優勝メダルと賞状を手にする安田君

 開成町の安田開君(11)=開成南小6年=が10月3日にShonan BMW スタジアム 平塚で開かれた「日清食品カップ小学生陸上競技交流大会神奈川県大会」の混成競技(走幅跳・ジャベリックボール投)で優勝した。大会を終え、安田君は「優勝できるとは思っていなかった。結果を残せてうれしい」と笑顔を見せた。

 混成競技は、2種目の競技記録を点数に換算して、その合計得点で競う。今大会の混成競技は2種類あり、安田君は走幅跳とジャベリックボール投の「コンバインドB」に出場した。ジャベリックボール投は、やり投げに似た種目で、ジャベボールという専用の道具の飛距離で競う投てき種目だ。

 安田君は、前半のジャベリックボール投を41m37cmの全体5位で終えると後半の走幅跳へ。すると1回目に全体1位となる4m24cmの跳躍。最終的に合計点1862点となり、優勝をつかんだ。2位とは僅か6点差の接戦だった。

 小学校1年の後半に参加した、地元のスポーツ教室をきっかけに陸上を始めた安田君。その後は小学生を対象とした陸上クラブ「明神クラブ」(高見澤哲代表)に入り、今回の出場種目のほか、中距離走などに取り組んできた。

 新型コロナウイルスの影響で、今年3月から8月までは同クラブの活動も自粛の対象になった。しかし、その間もクラブが配信する動画をもとに練習取り組んだり、近くのサイクリングロードで走り込みをしたりするなどし、自ら体作りに努めていたという。

 安田君は「全国大会がないのは残念だけれど、大会の有無に関わらず、自分の記録を伸ばせるように今後も頑張りたい」と話していた。

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

小・中学校へハンドジェル

足柄RC

小・中学校へハンドジェル 社会

創立30周年で1市5町へ

11月21日号

認知症へ理解深めて

認知症へ理解深めて 教育

吉田島高でサポ養成講座

11月21日号

素材生かし「寄」に賑わいを

素材生かし「寄」に賑わいを 社会

魅力発信へ有志が新組織

11月14日号

山北を走って巡ろう

山北を走って巡ろう 社会

観光振興の可能性探る

11月14日号

「出前」開始から1年

南足柄市観光ボラ

「出前」開始から1年 社会

外出困難者の選択肢にも

11月7日号

防犯劇で特別功労表彰

立花学園高等学校

防犯劇で特別功労表彰 社会

「演劇で地域貢献」に評価

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク