足柄版 掲載号:2020年10月31日号 エリアトップへ

地蔵堂地区「誓光寺」御開帳実行委員長を務める 佐藤 廣理(ひろみち)さん 南足柄市在住 67歳

掲載号:2020年10月31日号

  • LINE
  • hatena

先人の文化歴史を後世に

 ○…11月21・22日、地元では「地蔵堂のお地蔵さん」で親しまれる地蔵堂地区にある誓光寺で「木造地蔵菩薩立像」と地蔵堂内「厨子」がご開帳される。「江戸期以降、およそ150年ぶりの実施。住民も人づてでしか聞いたことがない」といい「正直、分からないことばかり。最初で最後の可能性もある。檀家15軒で力を合わせて、無事に成功させたい」と意気込む。

 ○…農家の長男として地蔵堂地区で生まれ育った。山や川に囲まれた幼少期は「自然が友達だった」。夏は川で泳いだり魚を取ったり、冬はソリに乗ったりと、地元の仲間との遊びに明け暮れた。大学まで進んだ後、就職。「わき目も振らず、とにかくがむしゃらに働いた。定年までの38年間は、自分の時間がほとんど持てなかった」と振り返る。

 ○…自治会長を務めたり、地域振興を目的とした地元団体の一員として活動したりもしてきた。「地域の魅力発信のため、近くの畑で育てた水かけ菜を使った漬物の販売や、休憩所の運営も皆で協力して行っている」。来春には南箱道路が開通するなど、さらなる人の行き来が期待される中「地域の魅力が来訪者らにもっと伝わるよう『おもてなし』にも力を入れていきたい」と先を見据える。

 ○…退職後は自分の時間が増え、地域と向き合うことが多くなった。「近くの寺社などを巡るようになり、伝統や文化といった新たな一面を知る機会が増えている」といい「それらがどこかでつながっていると分かることが楽しい」と笑みを浮かべる。「ご開帳は先人が築き上げた地蔵堂地区の文化・歴史を知ってもらえるいい機会。一人でも多くの人に訪れてもらえたら」と開催当日を心待ちにする。

足柄版の人物風土記最新6

和田 智代さん

おむつに頼りすぎない育児の普及に力を入れる

和田 智代さん

開成町在住 58歳

1月16日号

吉岡 昌子さん

大井町で長年児童福祉向上に取り組む

吉岡 昌子さん

大井町在住 88歳

1月9日号

滝本 澄子さん

南足柄市から功労表彰を受ける

滝本 澄子さん

南足柄市在住 78歳

1月1日号

舟山 奏さん

神奈川フィルフューチャー・コンサート小田原公演にゲスト共演する

舟山 奏さん

小田原市在住 33歳

12月19日号

瀬戸 淳一さん

小田原小売酒販組合・小田原酒販協同組合の理事長を務める

瀬戸 淳一さん

南足柄市狩野在住 67歳

12月12日号

鳥居 和郎さん

大井町文化財保護委員会委員長を務める

鳥居 和郎さん

小田原市上曽我在住 68歳

12月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク