足柄版 掲載号:2021年5月1日号 エリアトップへ

箱根湯本芸能組合 「伝統芸能の灯り消さない」 箱根をどり再開に向けCF

文化

掲載号:2021年5月1日号

  • LINE
  • hatena
華麗な踊りで観客を魅了する芸者(組合提供 写真は過去)
華麗な踊りで観客を魅了する芸者(組合提供 写真は過去)

 箱根湯本芸能組合(舘美喜子組合長)は、稽古の成果を披露する舞台「箱根をどり」を開催するため、不特定多数の人から資金を集めるクラウドファンディング(CF)を始めた。コロナ禍でお座敷イベントが激減している中、稽古に励む芸者に舞台を用意するのが狙い。

 同組合によると昨年、新型コロナが騒がれ始めた頃から箱根の観光客は減り、宴席が激減。オンライン飲み会などを行ってきたが、売上は通常比で8割減にまで落ち込んでいるという。また、31軒の置屋に18歳から80歳まで約150人いた芸者は、現在120人まで減少するなど深刻な状況となっている。

目標は500万円

 「箱根をどり」は、所属する芸者にとって、年に一度の晴れの舞台。1日のみの開催で衣装や音響、映像などが入り踊りを披露する華やかさが特徴だ。昨年は箱根をどりのほか、全てのイベントが中止となったことから今回開催を決めた。

 今年は、多くの芸者に活躍する場を設けようと6月12日(土)・13日(日)の2日間開催を予定している。また、新型コロナ対策として座席数は50席に限定。換気、消毒などを徹底するという。来られない人に向けたライブ配信の計画もある。

 クラウドファンディングの目標金額は500万円。3千円から100万円まで用意され、オリジナルポストカード、観覧招待券、芸者と一緒に祝う新年会など金額に応じたリターンを用意している。竹澤政子副組合長は「大変な時期は続きますが、日常に戻る時が来ることを願い日々稽古に励んでいます。応援、宜しくお願いします」と呼び掛けている。詳細は、HP(https://camp-fire.jp/projects/405247)か同組合【電話】0460・85・5338へ。

足柄版のローカルニュース最新6

「わたしのしおり」配布中

南足柄市社協

「わたしのしおり」配布中 社会

5月8日号

税務職の任期付き職員募集

前川喜平氏が講演

元文科省事務次官

前川喜平氏が講演 教育

5月14日「教育と政治」

5月8日号

ソニーに学ぶビジネス書

ソニーに学ぶビジネス書 経済

蓑宮武夫さんが執筆

5月8日号

観光振興に期待

観光振興に期待 社会

はこね金太郎ライン開通

5月8日号

「ヒサ」の教え 受け継ぐ

ベルマーレフットサル

「ヒサ」の教え 受け継ぐ 社会

南足柄市でチャリティー

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 5月8日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter