足柄版 掲載号:2021年6月26日号 エリアトップへ

相洋高校サッカー部 創部75年目 初の全国へ 高校総体 県準優勝に

教育

掲載号:2021年6月26日号

  • LINE
  • hatena
インターハイ出場を決め喜びの相洋サッカー部(同校提供)
インターハイ出場を決め喜びの相洋サッカー部(同校提供)

 相洋高校サッカー部が創部75年目にして初の全国大会出場を決めた。「入学当初から目標にしてきた。叶わなかった先輩の思いとともに皆と戦い達成できた」と主将の後藤康介さん(3年)は勝利を噛み締めた。

 6月19日、レモンガススタジアム平塚で行われた、全国高校総体サッカー大会神奈川県予選準決勝の相手は湘南工科大学附属。勝てば全国への切符が手に入る大事な試合だ。綱島陽介監督は試合前、緊張気味の選手に「セットプレーならお前たちは強い。自信を持って楽しんでこい」と背中を押した。

 試合は開始1分でいきなり動く。後藤さんのフリーキックに岩野拳士さん(3年)が頭で合せて先制ゴール。さらに7分も得意のセットプレーで山口聡三さん(3年)が頭で決め、早々に2点をリードした。相手の反撃を受け1点失ったが「選手は崩れることなく集中力を切らさなかった」と綱島監督。ピッチに試合終了のホイッスルが鳴り響き、悲願の全国出場が決まった。決勝では、東海大相模に2対3で敗れ準優勝となったが、けがで出られなかった選手は給水や応援でサポートするなど一丸となってつかんだ全国切符だ。

負けを機に意識上げ

 全国を目指し、相洋イレブンが練習に力を入れたのがセットプレー。ただ、4月の大会の三浦学苑戦では、セットプレーからの失点で負けた。綱島監督はミーティングで「自分も皆も指導・練習しているつもりだったが、これでは上に上がることはできない」と反省。意識を1段階上げ、プレーの精度を追求して練習に励んだ。今大会での7得点中、6点はセットプレーによるものだ。

 インターハイ出場を決め、クラスメートからクラッカーで祝福されたという後藤さんは「全国では優勝を目標に試合に挑む。冬の選手権大会も良い形で臨みたい」と新たな目標に向けて歩み出した。

足柄版のトップニュース最新6

学童保育6年生まで拡大

南足柄市

学童保育6年生まで拡大 社会

市内6カ所、12月1日から

9月18日号

山北から届け「音楽」

クラシック音楽連盟

山北から届け「音楽」 文化

結成以来初の動画配信中

9月18日号

姉妹2人が揃って出場

陸上全日本インカレ

姉妹2人が揃って出場 スポーツ

大井町の小川あやめさん・ひかりさん

9月11日号

現職本山氏が3選

松田町長選

現職本山氏が3選 政治

新人の吉田氏破る

9月11日号

全中テニス選手権で3位

全中テニス選手権で3位 スポーツ

開成・文命中の外池君

9月4日号

施設見学をVRで

社会福祉法人一燈会

施設見学をVRで 社会

コロナに一手  動画を作成

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook