足柄版 掲載号:2021年11月6日号 エリアトップへ

開成弥一芋研究会の会長を務める 辻 理孝(まさたか)さん 開成町在住 54歳

掲載号:2021年11月6日号

  • LINE
  • hatena

「美味しい」を原動力に

 ○…「今年の夏は雨が多かったから生育状況はいいね」と、恵みの大地に目を向ける。開成弥一芋が収穫のピークを迎え、目下袋詰めなど出荷に向けた作業に大忙しだ。一般的なサトイモに比べ実が白く、粘り気が強い。「煮物もいいいいけど、味噌汁やカレーの具としてもおすすめだよ」と声を弾ませる。

 ○…今年4月、会長に就任した。27人いるメンバー間の情報交換や関係各店とのミーティング、出荷の段取りなど仕事や責任は増すが、「もっと生産量を増やし、開成弥一芋の名をさらに広めていきたい」という思いが原動力。先頭に立って汗をかいている。

 ○…開成町で育つ。子どものころは自然が遊び相手。「友達と川などで、泥だらけになって遊んでいた」と振り返る。高校卒業後、システムエンジニア(SE)として約20年勤め、「パソコンがあればどこでもできる」と40歳で独立、自宅で仕事を始めた。その傍ら、近くに畑を借り農作業にも取り組んだ。そのころ知り合った初代会長からの誘いで研究会に初期メンバーとして参加。しばらくSEと掛け持ち生活をしていたが49歳の時に農業に専念することに。「未来に大きな可能性を感じた」と振り返る。最初の頃は失敗もあったというが、「分からないことがあれば相談できる仲間がいる。おかげで今の自分がいる」と感謝する。現在、弥一芋のほか露地野菜や稲作なども手掛ける。

 ○…「収穫が収入につながる。自然に左右されるがこれが農業の醍醐味」。開成弥一芋は、かながわブランドに認定されている。うれしい反面、プレッシャーも感じているが「お客様の美味しいが何よりのご褒美。日々、緊張感を持って育てている」。強い思いでブランドを守りつなぐ。

足柄版の人物風土記最新6

本澤(ほんざわ) 尚之さん

開成ジュニアアンサンブルの代表を務める

本澤(ほんざわ) 尚之さん

開成町在住 51歳

1月15日号

瀬戸 恒彦さん

地域の交流拠点につなげようと、私設図書館を作った

瀬戸 恒彦さん

山北町在住 65歳

1月8日号

野口 聖純(さとし)さん

(一社)あしがら青年会議所(JCI)の2022年度理事長に就いた

野口 聖純(さとし)さん

開成町在住 37歳

1月1日号

増田友厚さん

大雄山最乗寺の山主に就いた

増田友厚さん

南足柄市在住 74歳

12月18日号

橋本 太市さん

南足柄市の水を商品化した「金太郎の力水」の企画・販売する

橋本 太市さん

(株)ハシモト代表取締役 49歳

12月11日号

渡部 久人さん

小学校で三味線の特別授業を実施している

渡部 久人さん

南足柄市在住 79歳

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook