足柄版 掲載号:2022年1月15日号 エリアトップへ

南足柄市 市民から「地域」学ぶ 市外出身の職員らが研修

社会

掲載号:2022年1月15日号

  • LINE
  • hatena
研修を受ける職員たち
研修を受ける職員たち

 南足柄市は1月11日、市外出身・在住の職員や入庁歴の浅い職員を対象に、市の歴史と観光資源等を市民から学ぶ研修会を行った。市民が講師を務める職員研修は初めて。

 南足柄市役所は近年市外出身・在住の職員が増えてきている。市は道の駅オープンやはこね金太郎ラインの開通などで、市外から訪れる人が増え、歴史や観光資源等の知識がこれまで以上に職員には求められていることから、今回、市の歴史や観光面での知識向上と市の魅力の再認識を図る目的で研修が行われた。

 講師を務めたのは現在もガイド活動をする「NPO法人南足柄市観光ボランティアガイドの会」理事の植田勇次さん(77)。

 研修会は2回に分け、40人の職員が参加した。

 植田さんはまず、地理的な特徴を解説。水の郷百選に選出されたことや旧石器時代から人が住み始めたことなどを説明した。

 大雄山最乗寺の話では、1927年にケーブルカーの計画があった歴史を紹介。飯沢付近から三門近くまでの計画だったが29年の世界恐慌の影響で断念したと解説した。そのほか、ジオパークや金太郎伝説、市内の観光名所などスライドを交えて説明。終始職員は植田さんの話を聞きながらメモを取っていた。

 参加した2年目の職員は「観光スポットは把握しているが、関連する歴史などは浅い知識しかなかったので、理解が深まった」。別の職員は「自分が知っていることはまだまだ少ないことが分かった。講師の説明で観光面で改めて気付いたこともあり勉強になった」と話した。総務課の担当者は「市民による講師の話を聞くことで、市民とともにまちづくりを進めていく意識の醸成につなげたい。今後、職員研修の必須項目にしていければ」と話した。

バウビオロギー住宅が完成

7月2日・3日に小田原市久野で現場見学会を開催

https://www.k-abeken.com

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

消費拡大へご当地キャラ

足柄茶

消費拡大へご当地キャラ 社会

松田の斎藤茶舗が新商品

6月25日号

明治の「西大井村絵図」公開

県立公文書館

明治の「西大井村絵図」公開 社会

地元自治会が取り上げ話題

6月25日号

どうなる小・中水泳授業

どうなる小・中水泳授業 社会

足柄上1市5町を調査

6月18日号

子育て応援で3万円給付へ

南足柄市

子育て応援で3万円給付へ 社会

7月中旬予定、対象は4100人

6月18日号

産学連携で田植えに汗

大井町高尾地区

産学連携で田植えに汗 文化

6年目の酒米づくり

6月11日号

寄にホタルシーズン到来

寄にホタルシーズン到来 社会

地域団体ら連携して催し

6月11日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook