足柄版 掲載号:2022年1月22日号 エリアトップへ

毎週、授業にプロの料理人 吉田島高が専門学校と協定

教育

掲載号:2022年1月22日号

  • LINE
  • hatena
協定書を持つ岩崎秀太校長(左)と鈴木之一理事長(右)
協定書を持つ岩崎秀太校長(左)と鈴木之一理事長(右)

 県立吉田島高校(開成町・岩崎秀太校長)は1月17日、学校法人敷島学園ヨコスカ調理製菓専門学校(横須賀市・鈴木之一理事長)と教育交流に関する協定を結んだ。これにより、同専門学校で講師を務める日本料理の近藤元人さん(鎌倉市・創作和料理近藤オーナーシェフ)と西洋料理の石井博人さん(ホテルウェルコ成田の元総料理長)が同高校の非常勤講師として授業を行うことになった。

 締結式で岩崎校長は「教員による指導では、調理分野の技術や知識で限界がある。プロによる高レベルの授業が教育力向上につながれば」と期待した。これに対し、鈴木理事長は「将来の飲食業界全体の発展につながる人材育成の力になればうれしい」と話した。

 吉田島高校は昨年2月に大量調理室を整備。生徒が実践的な経験を積むことができる大型の調理器具などが揃うが、調理に関する高い専門知識を持つ指導者不足が課題となっていた。

 近年、料理業界を志望する生徒の減少で将来を見据えた人材育成を課題としていた同専門学校は、同高校の現状を知り協力を打診。今回の協定につながった。岩崎校長によれば、これまでも同校でスポット的に外部講師による授業が行われたことがあるが、協定を結び継続的に行われたことはないという。

 同日、早速2人の講師による授業が行われ、生徒たちはプロの調理技術を学んだ。

大量調理室で授業を受ける生徒
大量調理室で授業を受ける生徒

足柄版のローカルニュース最新6

平和の「音色」届け

平和の「音色」届け 社会

開成でチャリティー演奏

5月21日号

山北町が学生等に給付金

伝承碑から災害を学ぶ

伝承碑から災害を学ぶ 教育

5月28日講演会

5月21日号

増築の新園舎お披露目

酒田みなみの保育園

増築の新園舎お披露目 社会

5月21日号

中央公園で開園イベント

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook