足柄版 掲載号:2022年1月22日号 エリアトップへ

開成町 つなぐ阿波おどり文化 衣装や高張提灯展示

社会

掲載号:2022年1月22日号

  • LINE
  • hatena
役場1階の展示場前で決めポーズをとる踊りのメンバー
役場1階の展示場前で決めポーズをとる踊りのメンバー

 新型コロナの影響で2年連続中止となった「開成町阿波おどり」を身近に感じてもらおうと、開成町役場1階で衣装や高張提灯が展示されている。「開成町の文化を消さないようにしたい」と開成町阿波おどり連絡協議会の井上慎司会長は話している。

 町役場1階の特設ブースには、町内にある「連」と言われる14の団体の名前が記された特色ある衣装と、各連の紹介プレートが並べられている。また、モニターが設置されており、3年前の阿波おどりを映像で振り返ることができる。

文化継承のために  

 井上会長は、町民と一体となるイベントの中止が続くことで開成町の文化のひとつが衰退することを危惧していた。今回の展示は、衣装など目に触れる機会を作ることで、阿波おどりが町民の心から消えないようにしたいという思いで企画したという。「披露する場が失われるのは私たちも辛い。オンラインという手段もあるが、観客と一体となる姿が魅力のひとつ。開催できる日が来ることを待ちながらPRは続けていきたい」と井上会長は話した。円中連所属の風田川(ふうたがわ)千咲さん(開成南小5)は「早く友達と一緒に踊りたい」と、踊れる日が来ることを信じ練習は続けると話していた。

 開成町阿波おどりは、毎年9月第2土曜日に開催されている。1988年、当時の町長が阿波おどりが盛んな大和市の盛り上がりに感銘を受け始めた。今年で35回目を数える。1万人以上の観客が訪れ、あじさいまつりに次ぐ町の大きなイベントとして定着している。商店街のアーケードで行われる近隣の阿波おどりとは違い、道路を会場に迫力のあるパフォーマンスが見られるのが特徴。また、オープニングで行われるすべての連が高張提灯を掲げてのパレードは開成町の阿波おどりならではの光景だ。

 衣装の展示は1月28日(金)正午まで。今年の阿波おどり開催に関しては現在検討中。

足柄版のトップニュース最新6

全て開成町産の日本酒完成

瀬戸酒造店

全て開成町産の日本酒完成 社会

6月4日から数量限定販売

5月21日号

「諦めない」で全国優勝

南足柄生涯野球クラブ

「諦めない」で全国優勝 スポーツ

40歳以上大会で強豪連破

5月21日号

巡回バス運用開始

大井町

巡回バス運用開始 社会

地域の移動手段を補完

5月14日号

根元さんが日本代表入り

フットゴルフ

根元さんが日本代表入り スポーツ

フロリダの日米対抗戦へ

5月14日号

PHV車で災害時電力確保

大井町

PHV車で災害時電力確保 社会

神奈川トヨタと協定

5月7日号

25年度から4園休園も

南足柄市

25年度から4園休園も 教育

市立幼の方向性で案発表

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook