足柄版 掲載号:2022年5月14日号 エリアトップへ

松田町自然館の館長に就任した 山室 徹さん 小田原市在住 73歳

掲載号:2022年5月14日号

  • LINE
  • hatena

宝物、一緒に発見

 ○…「本物の自然に触れる機会を1回でも多く提供したい」。植物観察会では参加者と一緒に虫や花を追いかける。今月には寄地区でも予定しており、「美しい蝶もいて実物を見たら驚くと思うよ」と声を弾ませる。経験豊富で「力がある」と一目置く4人の女性スタッフと共に、今後も月替わりで催しを計画していく方針。「楽しさは必ず人に伝わる」という信念で、準備に取り組んでいる。

 ○…一括りに「毛虫」と呼んでしまう昆虫の幼虫でも、正式名称や生態をサラッと説明する知識を買われて、10年前から自然館の運営に携わる。館内で人気の昆虫展示コーナーの仕掛け人でもあり、標本を並べるだけでなく、遊び感覚で習性を学べる教材を手作り。昆虫の魅力を五感で体験できるコーナーに仕上げた。展示コンセプトに惹かれて遠方から訪れる来館者もおり「期待してくれていると思うと応えたくなる」とにこやか。

 ○…現役時代は小学校教諭として、箱根町や湯河原町で教壇に立った。定年後は放課後児童クラブの活動で「虫の先生」として親しまれ、子ども達に向き合う。一緒に虫捕りをする中で羽の色や触角など、子どもがその場で感じた昆虫の特徴や気づきを「宝物」と呼び、一目見ようとして出来る人だかりの輪を「最高の瞬間」と喜ぶ。

 ○…自分にプレッシャーをかける意味でもと前置きした上で、「国蝶のオオムラサキをもう一度、呼び込みたい」と夢を語る。青紫色の美しい羽は広げると10cm以上にもなるという。2011年から数年ほど自然館でも飛来を確認したが、最近はすっかり姿を見かけなくなった。幼虫が育つ環境は揃っているとし、「何より、私が一番見たいんだ」と力を込めた。

バウビオロギー住宅が完成

7月2日・3日に小田原市久野で現場見学会を開催

https://www.k-abeken.com

<PR>

足柄版の人物風土記最新6

小室 充孝さん

神奈川県弁護士会県西支部長に就任した

小室 充孝さん

小田原市久野在住 57歳

6月25日号

小田 猛さん

活動10年目を迎えたかいせい子どもゆめパークの会長を務める

小田 猛さん

開成町在住 61歳

6月18日号

山崎 歩夢さん

湘南ベルマーレフットサルクラブで選手として活躍する

山崎 歩夢さん

松田町出身 26歳

6月11日号

浦野 美和子さん

日本語教室あしがらNIHONGOの代表を務める

浦野 美和子さん

南足柄市在住 66歳

6月4日号

倉橋 光男さん

足柄交通安全協会の会長に就任した

倉橋 光男さん

中井町在住 69歳

5月28日号

瀧本 正一さん

南足柄市消防団の団長に就任した

瀧本 正一さん

南足柄市塚原在住 60歳

5月21日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook