13年の歴史に幕足柄消防組合が解散

社会

掲載号:2013年4月6日号

  • googleplus
  • LINE
解散式で団旗を返納
解散式で団旗を返納

 足柄上地域1市5町と小田原市の消防広域化が3月31日に実施され、新たに2市5町を管轄する小田原市消防が再編された。これに伴い足柄消防組合は30日をもって解散。29日には足柄消防組合消防本部(現在は足柄消防署)で解散式が催され、2000年の発足から13年の歴史に幕を閉じた。

 式典には歴代の組合長や消防長、管内1市5町の首長ら関係者約70人が出席。足柄消防組合の組合長として挨拶に立った間宮恒行大井町長は「足柄消防組合は発足以来13年、地域住民の生命財産を守るため、資機材や職員配置体制の充実を図ってきた。広域化は今後この地域で見込まれる人口減や高齢化、災害の複雑化、大規模地震などへの対応のため避けては通れないもの。統合後は広域消防の機能を遺憾なく発揮し、住民サービスの向上に繋がるよう努め、職員には引き続き地域の安全安心の確保にあたってもらいたい」と述べた。式典では、韮山茂消防長(現在は足柄消防署長)から間宮組合長へ団旗の返納なども行われた。

 また足柄消防組合の足跡をまとめた記念誌が刊行され、この日の出席者に配られた。記念誌では同組合の年表や歴代組合長、管内で発生したおもな災害や火災、訓練の様子、被災地での活動などが写真付きで掲載されている。

小田原市消防31日に発足式

 小田原市消防では31日、新体制の開始を記念する発足式を同市荻窪の生涯学習センターけやきで開催した。

 主催者代表として挨拶した加藤憲一小田原市長は「時に厳しく、時に緻密に協議を重ねてこの日を迎えることができた。多くの生命、財産を守るという緊張感をもって取り組まねば」と気を引き締めた。また式典では、新しい消防本部のマスコットキャラクター表彰式も行われた。
 

記念誌も刊行した
記念誌も刊行した
  • googleplus
  • LINE

足柄版のトップニュース最新3件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>