ホーム > 箱根・湯河原・真鶴版 > ローカルニュース > 矢部館長が選びぬいた人間国宝作品がずらり

箱根・湯河原・真鶴

矢部館長が選びぬいた人間国宝作品がずらり

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
平田郷陽「児歓ぶ」
平田郷陽「児歓ぶ」

 湯河原の人間国宝美術館で、茶人でもある矢部良明館長が選び抜いた特別展が開催されている。同館所蔵の人間国宝作品の中から「現代の茶の湯」にふさわしい作品を厳選、「濃茶席」や「薄茶席」などのテーマで展示。道具組みにより表現される空間美も堪能できる。また通常展示室では「人間国宝の大皿」「民芸と人間国宝」「平田郷陽と子供たち」のテーマで作品を紹介。活き人形で有名な人形作家・平田郷陽の作品展も開催している。入館料は一般1000円(抹茶・菓子付)開館は9時半〜17時(入館は16時半まで)【電話】0465(62)2112
 

  • 三浦小平二「青磁水指」三浦小平二「青磁水指」
  • 横山大観「杜鵑」横山大観「杜鵑」

関連記事

powered by weblio


箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野