ホーム > 箱根・湯河原・真鶴版 > ローカルニュース > 2市7町全駅バリアフリー化

箱根・湯河原・真鶴

国府津駅で完了

2市7町全駅バリアフリー化

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
駅長みずから看板を外し、いよいよ稼動の瞬間
駅長みずから看板を外し、いよいよ稼動の瞬間

 JR国府津駅(三ツ石孝徳駅長)で3月1日、同駅ホーム中央にある跨線橋と各ホームとを繋ぐ3台のエレベーターが完成、稼動を始めた。エレベーターは跨線橋の片側の階段を撤去し、3つあるホームそれぞれに設置されている。

 同駅ではエレベーターの他に1番線ホームのスロープを緩やかにし、柱を移動して車椅子でも余裕を持って通れる広さを確保した。また、跨線橋の電灯と看板をより明るいものに交換し、2番線では御殿場線との乗り換えで混み合うため、手すりを設置して人の流れを制御している。

 「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)」に基づくバリアフリー化で、国府津駅の完了により1日の平均利用客が5千人以上の2市7町内の駅は他の私鉄も含め全てバリアフリー化されたことになる。

 1日は午前10時からの最終安全点検後にエレベーターを稼動。三ツ石駅長は「地域住民など、皆さんの協力を得てやっと完成した。より良く、便利でなおやさしいサービスを提供していきたい」とコメントした。
 

関連記事

powered by weblio


箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野