箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

17日に湯河原の冬ほたるで歌うジャズシンガー 青木 美恵子さん 湯河原町中央在住 59歳

人生の坂道も歌いながら

 ○…湯河原の冬の一大イベント「冬ほたる」。初日の夜に湯煙に包まれた来場者を、歌声で心の芯から温める。普段はジャズシンガーとして小田原などでライブ活動しているが、あまり地元では舞台に立つ機会がなかった。知人や家族が知るお母さんが、この一夜は別人に見えるかもしれない。

 ○…小さい頃、親が湯河原の幼稚園の管理の仕事をしていた。幼稚園を練習会場にしていたバンドがあり、物心ついた頃から音楽が身近だったという。3歳で美空ひばりを真似て歌いだし、湯河原中では合唱部へ入部。高校卒業後に大井町の第一生命に就職した後も、歌への思いは冷めやらず、職場の応援を受けながら都内まで歌の特訓に通った。

 ○…当時はまだポピュラー音楽一直線。デパートのイベントに出演したり、NHKのオーディションなどを受けては番組の一部に出るなど声を武器に精力的な活動を続けた。その中で偶然出逢ったのがジャズ。「これまでの歌とは全く違っていたんです。遊びがあって、崩して歌ってもいいんですから」。これまでにない落ち着いた気持ちでマイクを握る自分がいたという。

 ○…「趣味なんて歌しかないわ」と恥ずかしそう。旦那さんが芦ノ湖畔の美術館の館長ということもあり箱根が大好き。そして小声で教えてくれたのが「手ぬぐい」コレクション。旅先で買い集めた数は100枚以上あり、これがライブ衣装のアクセントになる。

○…レパートリーは100曲を超え、洗濯や料理をしながらも自然に歌声〜そんな日々の中で肺がんが見つかった。3年前の事だ。手術後に不安を胸に病院の屋上に立ち、空に向かって声が出たときの幸せが今も原動力になっている。「子どもたちのために歌を残したい。必ずCDを出す」これを目標に抗がん剤治療も乗り越えた。ライブの感想は圧倒的に「癒される」が多いらしい。濃密な半生を声に溶かして、今晩も聴衆を潤している。
 

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

菊原 慶太さん

真鶴町商工会青年部の部長になった

菊原 慶太さん

5月25日号

鈴木 公子さん

5月12日の真鶴豊漁豊作祭で舞う「焼亡の舞保存会」会長を務める

鈴木 公子さん

5月11日号

川瀬 良幸さん

4月1日付けで神奈川県県西地域県政総合センターの所長に就任した

川瀬 良幸さん

4月20日号

大貫 誠さん

幅20mの大型ステンドグラス作品の制作に携わった

大貫 誠さん

4月6日号

阿部 剛さん

テレビ番組や地域イベントなどに出演する

阿部 剛さん

3月9日号

森 隆信さん

瀬戸酒造の自家醸造を復活させた

森 隆信さん

3月2日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク