箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

よ〜く見ると絵が読める

 一見、なんの変哲もないお城の絵。黒色の部分に目を凝らすと、「小田原城」の文字が浮かび上がってくる。名づけて「かくれ文字絵」。

 描いたのは、小田原在住のかくれ文字絵作家の小林真澄さん。文字で「絵」を描くことの楽しさに魅せられ、小学校の教員をする傍ら、約20年前から、漢字やひらがなで、描く対象そのものを表現することに取り組んできた。小林さんの40作品が、5月31日(木)まで小田原市柳新田のアトリエで観ることができる。住所は柳新田80の4。平日は午前11時〜午後7時、土日祝は午前9時〜午後6時。【電話】0465・87・8382。
 

描くときは観察が大事だそう
描くときは観察が大事だそう

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク