箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

ウメ子の骨格12月に展示 生命の星地球博物館

お城の人気者だった
お城の人気者だった

 小田原城址公園で2009年まで飼育された象のウメ子が、骨格標本となり12月15日から生命の星地球博物館で展示される。

 ウメ子は62歳まで生きたアジアゾウ。死後に解剖され、その体は同博物館を通じ専門の業者に託された。現在は骨格標本にするための作業が進められている。

骨盤や頭だけでも相当な重さがあるため、組み立てるのではなく台などを利用して展示する予定。「ウメ子の体は学術的にも貴重な存在。広く親しまれた生前の姿を再現する展示にしたい」と担当者は話す。同館には7年ほど前に死亡した野毛山動物園(横浜市)のアジアゾウ・はま子も骨格標本として保管されている。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク