箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2012年8月24日号
  • googleplus
  • LINE

終戦の日に合わせて記念誌を発行した 櫻井光夫さん 真鶴町岩在住 86歳

伝えたい人間魚雷の記憶

 ○…30年前に熱海で小型潜水艦のような「人間魚雷」が引き揚げられた事がある。戦時中本土決戦が色濃くなり、乗組員もろとも敵艦に体当たりするために開発された通称「マルロク」。18歳の時に軍の命令で配属が決まったのが、このマルロクによる特攻部隊だった。「隊員は60人。上官から訓示があってね、祖国のために死んでくれと。運命かと思ったけど、内心は死にたくない、親の顔が見たいと思ったよ」。その日から魚雷のプロペラを点検する日が続いたが一向に出撃命令はなく、18日後、なぜか自分を含む6人だけに異動の命令が出た。残った同志の消息は今もわからない。

 ○…旧岩小学校で学んでいたころ、村でラジオを持つ家はわずか3軒だった。「双葉山69連勝」の興奮を伝える四角い機械に魅かれ、卒業後も電気工作関連の道へと進む。特攻部隊からの異動先はレーダーなど電波兵器の開発する「第二海軍技術廠電波兵器部」。ここでは密かにアメリカが発信する短波放送の声が聞き取れたという。「ポツダム宣言受諾は前日に知っていた。知人にそれを告げたら、逆上しちゃって、私は非国民扱いされたよ」。翌15日の玉音放送の夜、灯火管制が解除。「あの平和な夜景は今も忘れられない」と眼差しを遠くへやった。

 ○…終戦後、労働組合の幹部として活動に没頭。昭和30年代に飛行機で世界をまわり、視野を広げた。真鶴町議も20年務め、町の昭和史を全身にしみ込ませているかのよう。議員引退後、戦争体験を伝えようと本を出し、さらに郷土の歴史を掘り下げようと研究会を立ち上げた。順風だけではない。15年前に前立腺がん、10年前に心臓不整脈、そしてがん再発に立ち向かい、それぞれ克服。「もうだめだと思ったが、多分生かされているんだろうな」。終戦記念日に合わせて刷った記念誌には人間魚雷などの記憶がびっしり。悲しい戦史に重なる青春に、今も突き動かされている。
 

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

菊原 慶太さん

真鶴町商工会青年部の部長になった

菊原 慶太さん

5月25日号

鈴木 公子さん

5月12日の真鶴豊漁豊作祭で舞う「焼亡の舞保存会」会長を務める

鈴木 公子さん

5月11日号

川瀬 良幸さん

4月1日付けで神奈川県県西地域県政総合センターの所長に就任した

川瀬 良幸さん

4月20日号

大貫 誠さん

幅20mの大型ステンドグラス作品の制作に携わった

大貫 誠さん

4月6日号

阿部 剛さん

テレビ番組や地域イベントなどに出演する

阿部 剛さん

3月9日号

森 隆信さん

瀬戸酒造の自家醸造を復活させた

森 隆信さん

3月2日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク