箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

1000店のトップ快走 湯河原で保険会社経営の鍋島さん

好業績を称える盾と金融機関の破たんを語る鍋島さん
好業績を称える盾と金融機関の破たんを語る鍋島さん

「全員解雇」の苦境から12年

 湯河原の保険会社のアイ・ファースト(鍋島一博社長)が、東京海上日動火災保険の県内代理店の1位になった。約1000店のうち、今年4月〜11月下旬の損保契約の増収分が昨年対比で1千万円以上増えた。鍋島さん(58)はかつて西相信金(現在の地域福祉センターの建物)の人事課長として働いていた。同信金は12年前に経営難のため事業譲渡され、自身も含め160人の職員が解雇。仲間の再就職のあっせんに追われたという。「金庫内がハローワーク状態で、自分も奈落の底に崩れ落ちるようだった。常に背筋が寒かった」。その後契約社員として保険業界に飛び込んだのが転機となった。研修などを経て2004年に独立、中央に店舗を構えた。その後順調に業績を伸ばし、今年は県内でトップに。信金時代の仲間も含めて社員は8人に増えた。「いいメンバーに恵まれたからこそ今がある。雇用を生み出して地元に恩返しするのが夢でした」と鍋島さん。3年前から信金時代の体験をもとに、地域紙で小説も連載。今後は製本も予定しているという。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク