箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年2月22日号
  • googleplus
  • LINE

真鶴でTシャツアート展 気仙沼からおかえり

 ケープ真鶴の一角で2月20日まで、手描きのTシャツアート50枚が海風に躍った。音符や笑顔、メッセージなど思い思いのデザインが連なった。作品群は昨年秋にお林展望公園で開催された「真鶴フェスティバル」で、家族連れが筆を振るったもの。乾いた作品は昨年10月に宮城県気仙沼市に運ばれ、「気仙沼Tシャツアート展」(NPO砂浜美術館主催)の作品に加わった。展覧会は気仙沼やその周辺に人や物の交流を生み出そうという企画で、この50枚は真鶴半島にも似た景勝地・岩井崎に展示されたという。今回の里帰り展示の後は作者のもとに返却される予定。イベントを手掛けた天野晶さんは「作品を見ると気仙沼を思い出し、子ども達の思いを感じて胸が熱くなる。来年もぜひ続けたい」と話していた。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

OH!EXPO21日(土)開幕

「産業」「文化」 地元の魅力体験

OH!EXPO21日(土)開幕

7月20日号

仙石原でUFO探検

ワークショップで制作

仙石原でUFO探検

7月20日号

花で包む八角堂

強羅公園で公開制作

花で包む八角堂

7月20日号

小田原でロケ

NHKドラマ

小田原でロケ

7月20日号

小田原少年院、最後の体育祭

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク