箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年2月22日号
  • googleplus
  • LINE

道路から見えない威容 国道沿いの長城

海に面しているため135号線を走っていても巨大さに気付かない 
海に面しているため135号線を走っていても巨大さに気付かない 

 真鶴から小田原に向かう国道135号線の米神付近で、県が建設を進めている巨大な壁が威容を見せている。米神や根府川付近では平成2007年の台風9号の大波で、道路の一部が崩落するほどの被害に見舞われた。沿道の金属フェンスは石などが打ち寄せて枠だけが残り、付近の店舗の窓ガラスは粉々になった。これをうけ、県では4年ほど前に高さ10m、長さ600mもの巨大な越波対策に着工。これまでに約10億円をかけて壁を築いてきた。海側は消波効果があるという「エ」の字型の消波ブロックで覆われており「県内でもこれだけ大きな越波対策工事はない」(県道路維持課)。壁の完成後は国道の路面が3mほどかさ上げされる予定で、完成は3年後位になるという。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

OH!EXPO21日(土)開幕

「産業」「文化」 地元の魅力体験

OH!EXPO21日(土)開幕

7月20日号

仙石原でUFO探検

ワークショップで制作

仙石原でUFO探検

7月20日号

花で包む八角堂

強羅公園で公開制作

花で包む八角堂

7月20日号

小田原でロケ

NHKドラマ

小田原でロケ

7月20日号

小田原少年院、最後の体育祭

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク