箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年3月1日号
  • googleplus
  • LINE

長興山のしだれ桜 10年越しの研究実る クローンに成功、植樹

植樹を行う加藤市長(左)と武内住職
植樹を行う加藤市長(左)と武内住職

 わんぱくらんどで2月14日、長興山紹太寺(武内徳昭住職)が小田原市に寄贈したクローン桜の植樹式が行われた。

 長興山のしだれ桜は江戸時代の藩主・稲葉正則が境内に植えたとされるもの。樹齢は340年と推定され、小田原市の天然記念物に指定されている。名木・貴重木の増殖事業に取り組む住友林業(株)から、研究対象として打診があったことから2003年2月に開発に向けた研究がスタート。09年3月には組織培養での増殖に成功、このほど植栽可能な大きさに成長したため植樹に至った。樹高は約3・3m、幹周りは約19cm(直径6cm)で、最初の花をつけるのは15年の春頃とみられている。

 植樹式には武内住職をはじめ加藤憲一小田原市長や住友林業(株)理事で筑波研究所の梅咲直照所長ら27人が参加。目録と証明書が小田原市に授与された後、植樹が行われた。武内住職は「340年小田原を見つめ、守ってきた桜。花を咲かせた時に皆さんの心の支えになり、これからの観光名所になれば」とあいさつした。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

OH!EXPO21日(土)開幕

「産業」「文化」 地元の魅力体験

OH!EXPO21日(土)開幕

7月20日号

仙石原でUFO探検

ワークショップで制作

仙石原でUFO探検

7月20日号

花で包む八角堂

強羅公園で公開制作

花で包む八角堂

7月20日号

小田原でロケ

NHKドラマ

小田原でロケ

7月20日号

小田原少年院、最後の体育祭

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク