箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

草原よ 目をさませ 仙石原で火入れ、一部残す

首や顔を背けながら歩く関係者
首や顔を背けながら歩く関係者

 箱根仙石原のススキ草原(約18万平方メートル)で12日に火入れが行われ、山吹色の風景が墨を流したように黒く変わった。火入れは灌木の成長を防ぎ草原の景観を維持するための恒例行事で、黒い土からは次々と新芽が顔を出す。火入れは1988年から実施しており今回で24回目。消防関係者など190人が参加した。風下からバーナーで点火するとパチパチという音は風をうけて「ザー」と変わり、朱色の炎が草原を一掃。県道75号線から台ヶ岳側の草原は、点火したものの強い風を受けて炎が失速。日暮れ前に草原の一部を残して消火された。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク