箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

温暖化影響? 関東で初確認か 大型テントウ虫 湯河原到来

発見した佐藤勝信さん
発見した佐藤勝信さん

 湯河原町鍛冶屋で、国内最大級の大型テントウ虫「ハラグロオオテントウ」が見つかった。発見したのは昆虫研究家の佐藤勝信さん(67・小田原市在住)。5月の連休中に小田原市内で400匹ほどを見つけ、周辺での生息を確かめようと、大磯や根府川、真鶴などを探し歩き、鍛冶屋の畑沿いにあった桑の木で100匹ほどの群れに出会った。通常のテントウ虫は8ミリ程度だが、ハラグロ〜は12ミリほど。オレンジ色のヘルメットのような背中に14もの黒星を散りばめ、歩く姿にも迫力がある。普段は雑食性だが幼虫が桑の葉につく「クワキジラミ」(アブラムシの仲間)を食べるため繁殖期になると桑の葉にやって来る。佐藤さんによると通常は九州や関西に生息しており、数年前に静岡県内で1匹見つかったのがこれまでの最北端だったという。「温暖化で関東に来たのかも。数からしてこっちに定着しているはず」。今回の発見について、佐藤さんは昆虫専門誌に投稿・発表する予定という。
 

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

安藤さん、見ててね

撤去の塀にも思い出

「未病」拠点の出足好調

大井町ビオトピア

「未病」拠点の出足好調

7月6日号

地元愛をTシャツに

ホテル犬ハル引退

タイの市長40人が真鶴に

町の福祉計画に質問続々

タイの市長40人が真鶴に

7月6日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク